【メンズ向け】日焼け止めを毎日塗ると得られるメリット【知らなきゃ損】

日焼け止めが大事ってよく聞くけど、実際はどうなんですか?正直、毎日塗るのは大変……。UVケアのメリットやデメリット、日焼け止めの基本的なことが知りたいです

こんな悩みを解決します。

・日焼け止めを毎日塗るべき理由
・日焼け止めの基本的な選び方・塗り方
・意外と知らない日焼け止めの注意点

 

 記事の権威性

  • 日本一の男性美容家(Google&yahoo!検索1位)
  • コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)
  • 年間300冊の読書と論文から得た知識を集約

僕はこれらの経験を生かし、3,000人以上の方の肌や美容に関する悩みを解決してきました。美容総合サイト『@コスメ』のBeauty Specialistに就任し、美容や健康なライフスタイルについて情報発信もしています。

メンズ美容家EBATO
そんな僕が男性でも日焼け止めを毎日塗ることのメリットやデメリットをわかりやすく解説します

一昔前は、日焼けした男性が男らしくてモテるという風潮がありましたが、これからはUVケアがマストの時代。

なぜなら、いま日焼け止めを塗るか否かで5年後、10年後の見た目年齢に大きな差が出るからです。

カッコよく歳を重ねれば、女性からは好印象を得られますし、自分に自信が持てるようになって人生も開けます。

本記事を読み終えた後には、日焼け止めの重要性や基本的な選び方まで理解できるようになっているでしょう。




メンズも日焼け止めを塗るべき理由

メンズも日焼け止めって本当に必要?正直ちょっと面倒です……

おそらく大半の男性がこんな風に思っているはずです。ですが、UVケアをしている人とそうでない人では、将来こんな差が出てきます。

  • 肌がたるんで老けて見られる
  • 毛穴が目立って清潔感が失われる
  • シミやくすみで疲れた印象になる
  • ニキビができやすくなり、肌が不衛生になる
  • 自分に自信がなくなり、メンタルが悪化する

「たかが紫外線で大げさじゃ?」と思うかもしれませんが、老化の8割は紫外線によるもの(光老化)です。

さらに少しショッキングな事実をお伝えすると、紫外線は青年期までに一生に浴びる分の半分以上を浴びるといわれています(※環境による誤差あり)。

ですから「見た目の若さ」を考えるならば、男性も若いうちにUVケアを始めるべきです。

紫外線を浴びると肌がどうなってしまうのか?詳しく知りたい方は『今さらきけない紫外線の基礎知識【美容家が易しく解説】』を読んでいただくと理解が深まります。

皮膚がんは世界で増えている

紫外線には波長ごとに「UVA」「UVB」「UVC」の3つに分類することができます。

このうち皮膚に影響を与えるのが「UVA」と「UVB」の一部。残りはオゾン層で吸収されるため、地表には届きません。

  • UVA:紫外線の9割を占める。皮膚の黒化、シワ、たるみの原因
  • UVB:皮膚の炎症を起こす。シミ、そばかすの原因

2つの紫外線のうち「UVB」は遺伝子を損傷させ、発がん作用があるといわれています。

世界では皮膚がんが増加傾向にあり、各国で紫外線対策が進んでいますが、日本はかなり遅れているのが現状です。

メンズ美容家EBATO
アメリカ皮膚科学会によると、アメリカでは毎年200万人が皮膚がんと診断されています
紫外線対策は子どもの頃から必要なんですね……!

健康な肌を守るためにも、メンズこそ日焼け止めを塗るべきです。

今浴びた紫外線が将来「シミ」「シワ」「たるみ」の原因に

日焼け止めを塗らない男性が多い理由は、危機を感じにくいからだと僕は思います。

紫外線はまぶしくもなければ、熱くもない。翌日シミやシワができるわけでもないので、浴びている実感って湧きにくいですよね。

しかし、長期的に浴びることで肌は確実にダメージを受け、5年、10年経ったときに「シミ」「シワ」「たるみ」となってあらわれます。

メンズ美容家EBATO
加齢で片付けられてしまいがちですが、UVケアの有無で40代、50代の肌状態は全く変わります

日焼け止めによるUV対策は、数あるスキンケアの中でもエビデンスが豊富で効果が高い最強のエイジングケアです。

未来の自分のためにも、今日から日焼け止めを塗る習慣を身につけましょう!

メンズの日焼け止めの選び方・塗り方

日焼け止めの重要性について、おわかりいただけたかと思います。ですが、ここで一つ、疑問が浮かんできますよね。

日焼け止めって何を基準に選べばいいんだろう?

日焼け止めは、「使い分け」が重要。選び方を間違えていたり、誤った使い方をするととうっかり焼けてしまうことがあります。

では、どのような選び方をすれば紫外線から効率的に肌を守れるのでしょうか??

「SPF」と「PA」に注目しよう

日焼け止めには、必ず「SPF50+」「PA++++」といった表記がパッケージに記載されています。

  • 【SPF】:UVBによる肌が赤くなる日焼けの防止効果をあらわしたもの
  • 【PA】:UVAによる肌が黒くなる反応の防止効果をあらわしたもの

SPFは、2~50+まであり、数値が高いほどUVBを防止する効果が高くなり、

PAは、PA+~PA++++の4段階で示され、+が多いほどUVAを防止する効果が高くなります。

じゃあ「SPF50+、PA++++」の日焼け止めを選べばいいんですか?

こんな風に思いたくなりますが、これは間違い。

確かに効果は高くなるものの、紫外線防御剤の配合量を増やすと使用感が悪くなったり、スキンケア成分が減ることで肌の乾燥を招く原因になるので注意してください。

・普段使いは「SPF30程度」、レジャーなどは「50+」で使い分ける
・PAはSPF値に比例して高くなるので無視してOK
・用途に応じたサイズを選ぶこと
メンズ美容家EBATO
日焼け止めは、目的に応じて使い分けるのがポイントです

UV成分配合の乳液・オールインワン化粧品を使おう

ドラッグストアなどへ行くとわかるのですが、日焼け止めの種類があまりにも豊富で選ぶのに一苦労だったりします。

そこでオススメしたいのが、紫外線を防ぐ成分が配合された乳液やオールインワンタイプの化粧品です。

オールインワンとは、化粧水、乳液、クリーム、美容液といった役割を一つの化粧品で補うことができる化粧品で、スキンケア初心者や時短重視の人におすすめです。

これらのアイテムを使うメリットとして、

  • ひげ剃り後のアフターシェーブと紫外線対策が一度に済む
  • 塗っても肌が白くならない
  • 季節問わず通年で使える

といった点が挙げられます。

これから日焼け止めを使おうと思っている人はまず習慣化することが大事なので、なるべく手間を省き、塗り忘れのリスクを除去することを考えます。

おすすめのメンズ向けUV成分配合化粧品

UNO(ウーノ) UVパーフェクションジェル オールインワン

スキンケアは兎にも角にも習慣化することが大事。どこでも買える、リーズナブルであることは重要な要素です。1000円以下で買えるコスパ最強のアイテムです。

ニベアメン オイルコントロールローション UV

こちらは化粧水とUVケアの二役が補えるアイテム。顔のテカリが気になる人はこちらがいいでしょう。

クリニーク フォーメン SPF21 モイスチャライザー

こちらはUVケア成分が配合された乳液。お値段はやや上がりますが、みずみずしい使用感でイヤなベタつきもなく使えるワンランク上のアイテムです。

日焼け止めはこうして塗る

日焼け止めを塗る時はまず、顔の上に5か所ほど点で置きます

あとは指で内側から外側へ伸ばすだけでオッケーです。塗り足りないと感じる箇所は、必ず付け足すようこと。うっかり日焼けにつながります。

日焼け止めを塗るときの注意点と豆知識

最後に知っておくと得する日焼け止め使用時の注意点を解説します。

注意点①:日焼け止めは正しく使うこと

日焼け止めを塗っても日焼けしてしまわないようにするには、ポイントを押さえた使い方が重要になります。

具体的には、

  • 冬や曇の日も油断せずに毎日塗る
  • 2~3時間おきに塗り直すこと
  • 「額」「鼻」「頬」「鎖骨」などの骨格が高くなっている部分は厚めに塗る

紫外線は夏や晴れている日に多いイメージがありますが、シワやたるみの原因になる「UVA」は1年を通して変動が少ないのです。

メンズ美容家EBATO
毎日の積み重ねがとても大切なんです!

また、塗り直しが必要な理由は汗で流れたり、ハンカチやタオルで拭った箇所が薄付きになるのを防ぐため。顔を触る癖がある人も注意です。

顔の凹凸部分は特に日焼けしやすいので、薄塗りにならいように気をつけましょう。

こうした盲点がが5年後、10年後の見た目に大きな影響を与えるんですね

注意点②:目からの日焼けに注意しよう

「目から入った紫外線がシミやそばかすをつくる」といったら驚きますか?

目が紫外線ダメージを受けると、角膜が炎症を起こして脳が「メラニンをつくれ」という司令を出します。

メラニンは本来、紫外線ダメージから皮膚を守るためのもので、肌の生まれ変わりの過程で排出されるもの。悪者ではありません。

しかし、目から紫外線を大量に浴びると、メラニンが過剰につくられて、これがシミやそばかすの原因になるわけです。

長時間屋外にいるようなシチュエーションでは、UVカットのメガネやサングラスを着用するようにしましょう!

注意点③:乳液、クリーム、ジェルタイプから選ぶ

「手を汚したくない」「手についたベタベタ感が不快」という理由からスプレータイプを選ぶ人も多いですよね。

ですが、スプレータイプはムラができやすいため、塗り直し用に使うのがおすすめです。

注意点④:男性用と女性用の違いは気にしない

紫外線を防ぐメカニズムは男性用も女性用も変わらないので、気にする必要はありません。

日焼け止めは、自分の肌質に合っているか、好みの使用感かなどの観点が大事。高級なものを使う必要もないことを覚えておきましょう。

注意点⑤:外回りが多い人は高SPFのものを塗る

外にいる時間が長いと、やはり紫外線を浴びるリスクも増加します。

先ほどUV成分が配合された化粧品3つ、

をご紹介しましたが、外回りが多い人にとってはやや心許ないのが正直なところ。

そこんな方は「SPF50+」の日焼け止めも用意しておくと安心です。

実は僕、野球観戦が趣味でして、よく行く球場がスタジアムの関係で汗に強く、うっかり日焼けのリスクが少ない日焼け止めを色々試しました。

その結果、一番良かったのが「ビオレ UV アスリズム」だったんですね。

「過酷な環境下でも耐えられる日焼け止め」というコンセプトで作られているので、まさにビジネスマンにはピッタリ。

外回りが多い方や屋外にいる時間が長い方におすすめの日焼け止めです。

まとめ:メンズこそ日焼け止めを塗ろう

ここまでの話をまとめてみます。

  • 老化の8割は紫外線による「光老化」が原因
  • いま浴びた紫外線が将来を悪い方へと変える
  • 紫外線は1年中降り注いでいると心得よ
  • 日焼け止めは「SPF」と「PA」に注目しよう
  • 日焼け止めはこまめに塗り直すこと

いま浴びた紫外線は、5年後、10年後の見た目年齢に大きな影響を与えます。

ですから貯蓄や資産運用のように長期的な目で見ていくことが大切。

見た目年齢を若く保ち、周りと“違い”をつくって差をつけましょう。

あなたにおすすめ

[adcode] メンズ美容家EBATO こんにちは、メンズ美容家のEBATOです。これまで1千人以上の肌や美容に関する悩みを解決してきました メンズスキンケアをするうえで、自分の肌質を正しく正確に知ることはとても大切[…]