メンズも日焼け止めを毎日塗るべき?専門家が徹底解説

メンズも毎日日焼け止めを塗ったほうがいい?

塗らないとどんなリスクがある?

毎日塗るのは面倒……他にいい方法はない?

本記事では、男性美容の専門家がこんな疑問や悩みを解決します。

 記事の権威性

筆者プロフィール

DOB: 1987.7.7   from Chiba
\Follow Me!/

 Instagram: ebato.77 /  note: biyouka_ebato

結論からいうと、日焼け止めは男女問わず毎日使うのがおすすめです。

日差しの強い日や夏場に強いイメージがある紫外線ですが、実は一年を通して降り注いでいるため、日々のケアがとても重要になります。

また、老化の80%が紫外線による影響(光老化)とも言われており、健康的な肌を保つためにもUV対策は必要不可欠なのです。

本記事では「日焼け止めを塗ることで得られるメリット」や「メンズにおすすめの日焼け止め」などについてわかりやすく解説します。

メンズも日焼け止めを毎日塗るべき3つの理由


僕が日焼け止めを毎日塗ることをおすすめしている理由は、以下のとおりです。

  • 老化の80%は紫外線が原因
  • 紫外線量は年間を通してさほど変わらない
  • 今浴びた紫外線が10年後、20年後の外見に影響する

それぞれ詳しく深掘りしてみましょう。

老化の80%は紫外線が原因

米国皮膚科学会という皮膚に関する世界でいちばん大きな学会では、老化の約80%は紫外線による影響だと考えられています。

つまり紫外線対策をしておけば見た目の老化を遅らせ、実年齢より若く見せることも不可能ではないということ。

実は僕の日々のスキンケアは1~2ステップとかなりシンプルなのですが、そのうちの1つが日焼け止めです。

「シミ」「シワ」「たるみ」は作らせないことが大切。自分だけは大丈夫と過信せず、今日から日焼け止めを塗ることをおすすめします。

紫外線量は年間を通してさほど変わらない

では毎日日焼け止めを塗ることが本当に必要なのか。答えは「イエス」。

紫外線には「UVA」「UVB」「UVC」の3種類に分かれます。我々が注意すべきなのが「UVA」と一部の「UVB」です。

美容家EBATO
「UVB」の一部と「UVC」はオゾン層に吸収されるため地表に届きません

「UVB」のピークは7~8月でその後は下降線になります。

その反面、「UVA」は4月~9月くらいまで強い時期が続き、冬でも1/2程度しか下がりません。

 

気象庁による年間の紫外線量の月平均

さらに「UVA」は地上の紫外線の約95%を占めると言われており、自分でも気づかないうちに浴びてしまっているわけです。

肌の奥深く(真皮中層)まで届くため、シワやたるみの原因にもなりかねません。

肌を老化させないためにも、リスクヘッジとして年間を通して日焼け止めを塗ることは非常に重要です。

肌への投資が人生を変える

投資信託や外貨預金、株などの投資にはリスクが付きものですが、肌への投資は日々のケアこそが物をいいます。

なぜなら「シミ」「しわ」「たるみ」といった老化現象を元に戻すことは難しく、予防することのほうがはるかに簡単です。

紫外線は青年期までに一生に浴びる分の半分以上を浴びるともいわれており、日々のUV対策は10年後、20年後の自分への投資です。

美容家EBATO
僕は現在アラフォーですが、美容家として数々のお仕事のいただけているのも「肌の投資」を毎日してきた結果だと常々感じています

健康的で若々しい外見を維持することは、心の余裕や健康にもつながると僕は思うのです。

実際にアドバイスをさせていただいた方々からは、“肌投資”を始めたことで、

  • 大きな仕事が取れて自分に自信がついた
  • 恋人ができた、結婚が決まった
  • 周りの目が気にならなくなった

といった嬉しい言葉が寄せられることが多々あります。

今からでも遅くはありません。ぜひ今日から取り入れてみてください。きっと10年後、20年後の人生が変わるはずです。

【メンズにおすすめ】失敗しない日焼け止めの選び方

いざ日焼け止めデビューをしようにも「何を買っていのかわからない」という方のために、日焼け止め選びのポイントを押さえておきましょう。

「毎日塗るのはちょっと面倒……」と思っている方にもおすすめの選び方もご紹介します。

UVカット成分配合のオールインワン化粧品を選ぶ

「日焼け止めデビューをしたい。でも正直面倒……」という方におすすめなのが、保湿とUV対策を1ステップで完結できるオールインワン化粧品です。

特にメンズ向けの商品は、軽い使用感のものが多く、日焼け止めをはじめて使う、ベタつくのが苦手な方でも使いやすいのでおすすめ。

時間がない朝でも洗顔後やシェービング後の保湿と併せてUV対策ができるので一つ持っておくととても便利ですよ。

UNO UVパーフェクションジェル オールインワン SPF30+ PA+++

美容家EBATO
シャキッとしたい朝にピッタリな清涼感があり、夏場に大活躍すること間違いなし。ジェルとクリームの間くらいのテクスチャ―で水分と油分の両方をしっかり補給。ドラッグストアやコンビニでも買える手頃さも◎

DISM オールインワンジェル UVカット(SPF30 PA+++)

美容家EBATO
スカルプDでおなじみのアンファー発のスキンケアアイテム。みずみずしいジェルタイプなので、ベタつきにくく、使用感は軽やかですが、物足りなさは感じません。1本で化粧水、乳液、美容液、日焼け止めの5役を賄うことができるベストバイ・メンズコスメ

マニフィーク オールインワンジェルUV(SPF50 PA++++)

美容家EBATO
リッチな使用感で乾燥の厳しい季節に使いたい逸品。やや油分が多いため、水分も油分も不足がちな乾燥肌に適しています。アマゾンセールで割引対象になりやすい
紫外線を防ぐ効果をわかりやすく数値化したものです。「SPF」は「UVB」、「PA」は「UVA」の防止効果を表しています。オールインワン化粧品では使用感が悪くなる観点から控えめになっていますが、通常の日焼け止めであればどのメーカーも「SPF50+」「PA++++」が主流です。

シミ・くま・青ヒゲが気になる人はBBクリームを

BBクリームとは、シミやくま、青ひげ、ニキビ跡などの肌トラブルをカバーしてくれる化粧品です。

化粧水など保湿ケア後に使います。仕上がりもとてもナチュラルなので、周りにバレる心配もありません。

美容家EBATO
人と会う前やリモート会議、証明写真の撮影時に使うと印象が変わりますよ

もちろんUVカット効果成分が入っているものも多くあります。持ち運びに便利なサイズ感なので、カバンに一つ忍ばせておくと重宝します。

NULL BBクリーム(SPF30 PA++)

MENS NULL
¥1,900 (2024/06/23 16:08:44時点 Amazon調べ-詳細)
美容家EBATO
日本人男性の肌色に合いやすいナチュラルカラーで使いやすい。日焼けしている方、色黒の方は色浮きしやすいので注意

オルビスミスター ベースカラーコントローラー(SPF20・PA++)

美容家EBATO
伸びがよく、肌なじみもいいので初心者にも扱いやすい。ナチュラルに仕上げたい方向け

THE FUTURE カラーチェンジBBクリーム(SPF50+ PA++++)

美容家EBATO
肌になじませると色が変わり、ナチュラルにカバーしてくれる。高SPF&PAなのも嬉しい

汗っかきや屋外で過ごすことが多い人は振るタイプ

UVカット成分配合のオールインワン化粧品や、BBクリームは手間がかからない反面、汗や水に弱いという弱点があります。

夏や長時間外にいることが多い場面では、心許ないため通常の日焼け止めがおすすめです。

中でもシャカシャカ振って使うウォータープルーフタイプは、汗や水に強いので過酷な環境、汗をかきやすい男性に適しています。

 ビオレUV アスリズム(SPF50+ PA++++)

美容家EBATO
汗や水、擦れに強く、日常使いはもちろんのことスポーツ時にもおすすめ

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク(SPF50+ PA++++)

美容家EBATO
日焼け止め特有のベタつきもなく、男性でも使いやすい。汗、水、熱、空気中の水分に反応して膜が強くなる
日焼け止めデビューにおすすめなのは、UVカット成分配合のオールインワン化粧品。さらに紫外線が強い季節や長時間屋外にいるとき用にウォータープルーフタイプを1本持っておくと安心です。その日に応じて使い分けをしましょう!

【初心者必見】正しい日焼け止めの塗り方

UV対策において、日焼け止め選びと同じくらい大切なのが塗り方です。

せっかく日焼け止めを塗ってもムラがあったり、塗り忘れがあったりすると日焼けをしてしまうからです。

初心者でも簡単にできる方法をご紹介します。

STEP1:適量を顔の上に5箇所ほど点で置く

適量がわからないという方は、容器やパッケージに記載されている量を必ず使うようにしてください。

記載がない場合は少量を少しずつ顔に塗っていくのがベスト。最初は慣れなくても、使っているうちにわかってくると思います。

STEP2:顔の内側から外側に向かって伸ばす

手の力は抜いてやさしく顔全体に伸ばしていきます。

美容家EBATO
顔の中でも生え際や鼻、頬、顎下は日焼けしやすいので厚めに塗るのがおすすめ!

STEP3:年齢が出やすい首にもひと塗りすると◎

顔と同様に適量を手に取り、首全体にも塗っておきましょう。首はシワに沿って塗るとしっかりとガードできます。

まとめ:日焼け止めは「10年後の自分」への投資

ここまでの内容をまとめます。

  • 老化の約80%は紫外線による「光老化」が原因
  • 紫外線対策は通年で必要
  • 日焼け止めデビューはUVカット成分配合の化粧品がおすすめ
  • 日焼け止めは使い分け、塗り方も重要

日焼け止めは、夏場や日差しの強い日だけでなく、毎日継続して塗ることが大切です。

最初は面倒に感じる方もいるかもしれませんが、UVカット成分配合の化粧品をやBBクリームを選ぶなどをして“ついでケア”として始めてみましょう。

いつ始めても遅いことはないので、ぜひ明日から取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

「メトキシケイヒ酸エチルヘキシルはどんな成分?」 「メトキシケイヒ酸エチルヘキシルの危険性は?」 「紫外線吸収剤は良くない?」 紫外線吸収剤として知られるメトキシケイヒ酸エチルヘキシル。 ハワイでは、サンゴ礁に悪影響を及ぼす[…]

関連記事

男性美容家EBATO こんにちは、美容家のEBATOです 本記事では、絶対にやってはいけない肌が老化する習慣5つをご紹介します 見た目年齢を大きく左右する「肌」。僕は見られるのも仕事なので、見た目や肌のメンテナンスはか[…]

関連記事

「自分の肌質がイマイチよくわからない…」 「正確な肌質を診断する方法を知りたい」 「長年の肌悩みを解消したい」 自分に合う化粧品を見つけるには、自分の肌質を把握し、解消したい肌悩みを明確することが大切です。 そこで本記事では[…]