時短が美肌をつくる!メンズ美容家直伝の超簡単シンプルスキンケア

メンズ美容家EBATO
こんにちは。メンズ美容家のEBATOです。今回はたった5分で終わる正しいメンズスキンケアをご紹介します

スキンケアと聞くと、「手間がかかる」「やることが多くて面倒」と思っている人は多いと思います。

とはいえ、今は美容意識の高い男性が増えたこともあり、身だしなみに気を遣えないと「清潔感がない人」とレッテルを貼られてしまうかもしれません。

そして、一度決められた印象を変えるのは非常に困難。ビジネスやプライベートでも「清潔感がない」という印象が不利に働いてしまう可能性は十分にあります。

そこで「手間はかけられないけど、清潔感のある肌になりたい」と思っている方に朗報です。

スキンケアは、5分もあれば十分にケアすることが可能なんです。

なぜなら、スキンケアで重要なのは「足し算」ではなく、むしろ「引き算」。いかに無駄を省き、必要なことのみを行うのが美肌への近道だからです。

肌はたった2ステップで変わる

肌がきれいな人のスキンケアって、いくつも化粧品を使っていたり、色々な美容法を実践していたり、とにかく凝っている人が多いですよね。

正直にいって、スキンケアはやればやるほど成果が表れるものではありません

いかに無駄を省き、肌が本当に必要としていることを見抜いたうえで正しいケアをすることがとても大切。

「じゃあどんなことをすればいいの?」という話になるわけですが、

  • 正しい洗顔
  • 正しい保湿

この2ステップが超重要です。時間にして10分あれば余裕で終わります。

半信半疑に思うかもしれませんが、たったこれだけの工程であなたの肌は変わります。

逆をいえばこの2つができていないと、どんなに高級な化粧品を使おうが、肌悩みが無くならない可能性すらあるわけです。

肌がきれいな男性がいるとつい見てしまいます

とてもシンプルでほとんどの人がやっていることだと思いますが、簡単ゆえに軽視している人は意外と少なくありません

ちなみに僕自身も普段はこの2つステップのスキンケアしかしていませんが、肌のきれいさには自信があります。

僕の周りの肌がきれいな人たちも、ほとんどがシンプルケア派。でも、彼らが肌トラブルで悩んでいるのをほとんど見たことがありません。

それだけ「洗顔」と「保湿」は肌の出来を左右する重要な工程なんです。

メンズ美容家EBATO
それぞれのステップのポイントを解説していきます

押さえておくべきスキンケアのポイント

洗顔はどうして必要?

兎にも角にもスキンケアの基礎は洗顔です。洗顔には2つの目的があります。

  1. 汗や皮脂汚れ、肌に付着した塵やホコリを落とす
  2. スキンケア成分を効率よく浸透させるため

肌は何もしていなくても汚れるもの。毎日洗顔をすることで、ニキビや吹き出物、黒ずみといった肌トラブルを防ぐことが大切です。

スキンケア成分の浸透を妨げないためにも肌は清潔に保ちます。

揃えておくべきアイテム

2ステップの超シンプル・メソッドは、スキンケアアイテムも最低限必要のものしか使いません。

そのなかで絶対に欠かせないものが3つあります。

全部買っても4000円程度で揃えることができます。

1回程度の飲み代と10分の時間さえあれば誰でも外見力が上がるわけですから、控えめにいってもコスパ最強でしょう。

浮いたお金は自分のために使うのもいいですし、大切な人へ贈り物をするのもいいと思います。

メンズ美容家EBATO
アイテムの詳しい解説は後ほどします

洗顔の頻度は1日2回

よく頻度について聞かれますが、基本は朝と夜の1日2回で問題ありません。

肌質にもよりますが、朝は湯洗いのみで、夜は洗顔料を使って洗います

もし、朝もベタつきが気になる人は朝も洗顔料を使うといいでしょう。

自分の肌質と相談して調整してみてください。

自分の肌に合う洗顔料の選び方

肌悩みの8割は「洗いすぎ」が原因

男性美容が注目されている昨今ですが、ここで一つ大きな疑問あります。

男性の美容意識が高まっているにもかかわらず、乾燥やニキビなどの肌トラブルに悩む人、多くないですか?

スキンケアをする男性が多いなら、こうしたトラブルはむしろ減るはず。なのに悩みが増えるということは、どこかに落とし穴があるわけです。

細かいところまで気を遣える男性って素敵ですよね

僕はこれまで1,000人以上の方の肌悩みと向き合い、解決してきましたが、そこで分かったことがあります。

それは、およそ8割の人が肌をきれいにするのは化粧品だと思っていたということ。

人間の肌は本来、自ら潤い、水分の蒸発を防ぐ機能が備わっています。

 肌のうるおいを守る三大要素

  • 天然保湿因子(NMF)
  • 細胞間脂質
  • 皮脂

洗顔をすれば確かに汚れは落ちますが、同時に“天然の保湿成分”も洗い流されてしまうんです。

化粧品で肌を整えればいいと思っている人もいるかもしれません。でも、肌自らが分泌している保湿成分ほど肌に合うものはないでしょう。

つまり、肌をきれいにするのは化粧品ではなく、あなたの肌そのもの

もし、肌が乾燥しがちだと少しでも感じているなら、今日からやめることをおすすめします。

メンズ美容家EBATO
スキンケアは加減が大切だからこそ、引き算の考え方が理にかなっているのです!

使用感に注目する

とはいえ、成分のことを深堀りするのは骨が折れる作業。

そこで、自分の洗顔料が肌に合っているか簡単にわかる方法をご紹介します。

  • 肌がつっぱる、粉を吹く→洗いすぎ
  • 皮脂臭がする、ニキビが増える→洗浄不足

感覚でいいので、このような違和感を感じたら洗顔料を見直してください

肌がキュッキュとしてる状態はどうなんですか?
メンズ美容家EBATO
使っている洗顔料にもよりますが、洗いすぎの可能性があるかもしれません

よく成分を見て「◯◯は肌に悪い」と決めつける人がいますが、成分だけにとらわれてしまうのも実は良いことではないんですね。

化粧品はあくまで嗜好品。自分が使っていて心地いいか、という感覚もすごく大切だったりします。

保湿成分が入ったものを選ぶ

結論からいうと、洗顔料は保湿成分入りのものをおすすめします。

超シンプル・メソッドでは、必要最低限のケアしか行わない分、全てのプロセスに大きな意味があります。

保湿成分が入っていても泡と一緒に流れてしまうんじゃ……?
メンズ美容家EBATO
確かに効果が出にくいものもありますが、油性成分などの例外もあります

おすすめはズバリ「セラミド入りの洗顔料」。

セラミドは天然の保湿成分の一つである「細胞間脂質」の40%を占める美肌には欠かせない成分です。

……とはいってもなかなかイメージしにくいかもしれません。

植物を例にしてみます。育てるのには「水」「土」「太陽」「空気」の4つが必要になることは誰でも知っていると思います。

じゃあ水ならなんでもいいのか、土ならなんでもいいのかといったらそういうわけにはいきません。

もし、土の質が悪かったらどんなに水をあげても植物は育たないのと一緒で、肌も乾燥やニキビができにくい環境を整えてあげることが重要なんです。

化粧水やシートマスクは保湿とはいわないんですね……!

肌には水分の蒸発を防いだり、外部刺激から肌を守るバリア機能がありますが、乾燥肌というのはバリアが正常に機能していない状態を指します。

それを補ってくれるのがセラミド。使い続けることでバリア機能が高まり、乾燥しにくい肌環境へと整えてくれるわけです。

すぐに効果が出るものではありませんが、使い続けることで肌質はきっと変わるはずです。

メンズ美容家EBATO
僕があえて保湿成分のナンバー1を選ぶとするなら、セラミドを選びます!

超シンプル・スキンケアのやり方

少々長くなってしまいましたが、ここからはいよいよ具体的な手順をご紹介します。

とはいっても本当にシンプルなのであまりお話することもないんですが……(笑)

洗顔をするときのポイント

おさえておくべきポイントは全部で4つです。

  • 洗顔料を泡立てネットで泡立てる
  • 泡を転がすイメージで20~30秒ほど洗う
  • ぬるま湯ですすぐ(シャワーで流す場合は水圧弱めで)
  • 仕上げに冷水を5秒ほどかける

ポイントは洗顔に時間をかけすぎないこと、そして水温を調節すること

洗顔はすばやく終わらせる

時間をかけてゆっくり洗うほうが汚れが落ちそうなイメージがありますが、それは間違い。

洗顔料は泡立てて顔に乗せたとき、一番汚れが落ちるように作られています。つまり、肌への刺激も一番強い状態にあるわけです。

軽く洗うだけでも汚れは十分に落ちるので安心してください。

熱めのお湯が乾燥を招く

シャワーを浴びるとき、水温を気にしたことがある人は少ないと思います。

ほとんどの人が40℃前後で浴びている人と思いますが、普段の水温ですすぐと保湿成分が流れてしまうリスクがあるので注意

人肌よりも少しぬるめのお湯で洗い流すことをおすすめします。

シャワーで洗い流す人は、水圧を弱めて流すことで肌への刺激を抑えられますよ。

シメの冷水が乾燥予防になる

冷水をかけることで、肌をクールダウンし気化熱を防ぎます。水分が逃げていかないので乾燥予防につながるわけです。

よく顔に冷水をかけると毛穴が引き締まるという話がありますが、締まるのは一時的だけで時間が経つと元に戻ります。

たった5秒ですが、周りとの差がつくのはこうした小さな積み重ねだったりするんですよね。

洗顔後のスキンケアポイント

ここでのポイントは3つです。

  • スキンケアは入浴後10分以内にやる
  • 手のひらに化粧水を100円玉大~500円玉大の量をとる
  • 手のひらで顔を覆うように丁寧にプレスしていく

スキンケアは入浴後10分以内に

「お風呂に上がった瞬間から肌の水分は失われる」なんて話、聞いたことがあると思いますが、環境などにもよるので微妙なところです。

10分以内という数字にはきちんと根拠がありまして、ある実験では入浴後から10分経過すると肌の水分量が減少したというデータがあるんです。

早いに越したことはないですが、慌てて保湿する必要はないので安心してください。

化粧水は適量を守ろう

化粧水の量に関しても肌が吸収できる水分量には限界があるで、多すぎても少なすぎてもダメ

たとえば、筋トレなんかもやりすぎたらケガをしますし、負荷が低すぎても効果がなくなってしまいます。

何事も適量が大事ってことです。

まとめ

スキンケアは面倒くさがりだろうが、時間がなかろうが、知識がなかろうができます。

だからその気になれば、人って割と簡単に変えられるし、魅力や自信ってどこまででも磨けるんです。

僕も昔は地味でどこにでもいる普通の男でした。でも美容に出会い、自分と向き合ってきたからこそ今があると本当に思います。

肌をきれいにするのは化粧品ではなく、あなたの自身の肌。

外見力を上げるのも自分。下げるのも自分です。

はじめにこの超シンプル・メソッドは10分あれば十分に終わるとお話しました。

ぜひ明日からこの10分という時間を、スキンケアに投資してみてはいかがでしょうか。

きっと肌が見違えるほど変わるはずです。