【プロが解説】日焼け止めはいつから使うべきか【メンズ向け】

日焼け止めはいつから使うのがいいんですか。そもそもメンズが日焼け止めを使うメリットはあるのでしょうか?
メンズ美容家EBATO
それでは今回は、メンズの日焼け止めについての疑問をお答えします

 記事の権威性

これまでの活動実績はこちら
Twitter:@ebato0707/Instagram:ebato.77アットコスメ:EBATO

紫外線が肌に悪いことはみなさんご存知だと思います。

医療脱毛専門院「メンズリゼ」が2022年5月に発表した調査によると、10~40代の男性660人のうち53.1%が夏場は何らかの紫外線対策をしていると回答しています。

美容に関心がある男性が増えているのは、専門家としても非常に喜ばしいことです。

そこで今回は、

  • 日焼け止めはいつから使うのが正解なのか
  • メンズの日焼け止めはこうして選ぶ
  • 日焼けしてしまったときの対処法

といった内容で解説していきます。

本記事を通じて紫外線対策の重要性や、メンズの日焼け止めの在り方などを改めて知っていただく機会になれば幸いです。

【メンズ】日焼け止めはいつから使うのが正解なのか

結論からいうと、日焼け止めは最も効果的な紫外線対策なので、使うタイミングは早ければ早いほどいいです。さらにいえば、1年中対策しておくことを強くおすすめします。

実は冒頭でご紹介した調査結果には続きがあり、1年中紫外線対策をしていると回答した男性はわずか14.2%しかいないという結果も出ています。

僕は今現在アラフォーですが「肌、きれいですね」「ツヤツヤで羨ましいです」と言っていただく機会が多いのですが、その理由の一つに日焼け止めによる紫外線対策が大きいと感じています。

日焼け止めにはただ日焼けを防ぐだけでなく、以下のようなメリットもあります。

  • シミ予防
  • シワ・たるみ予防
  • 角層中の水分低下を防ぐ
  • ニキビができにくくなり、悪化も防ぐ
  • 皮脂の過剰分泌を抑制し、毛穴を目立ちにくくする

つまり健康的かつ清潔感のある肌を保つためには、紫外線対策は必要不可欠であり、日焼け止めは“最強のエイジングケア”といっても過言ではないのです。

老化の8割は紫外線によるもの

聞いたことがある方もいるかもしれませんが、紫外線は青年期までに一生浴びる分の半分以上を浴びるといわれています。

つまり、良くも悪くも青年期までにどんなケアをしていたかが30代、40代になってわかるというわけですね。

では今から日焼け止めを塗るなどしても手遅れなのかというと、そうではありません。

メンズ美容家EBATO
今からの紫外線対策は10年、20年後への投資と考えましょう

40代、50代、60代になったとき肌の状態、第一印象は全く異なるはずです。

また米国皮膚科学会では、老化の約80%は紫外線による「光老化」だと考えられていることからも、ぜひ今日からはじめることをおすすめします。

紫外線対策が毎日必要な理由

ではなぜ日差しが強い季節だけでなく、年中対策が必要なのか。

答えはとてもシンプルで、我々は年中ずっと紫外線を浴び続けているからです。

気象庁 日積算紅斑紫外線量の月平均値

上記の図は、気象庁発表の紅斑紫外線量(つくば)の推移です。

メンズ美容家EBATO
紅斑紫外線量とは、紫外線が人体へ及ぼす影響の度合いを示したものです

数値は以下のように分類されます。

  • 1~2(緑):弱い
  • 3~5(黄):中程度
  • 6~7(橙):強い
  • 8~10(赤):非常に強い
  • 11+(紫):極端に強い

図からもわかるように6月~8月がピークとなっていますね。

ちなみに日焼け止めの使用が推奨される指数は、3~5の中程度からとなっており、ここ10年間のデータを見ても2月~10月の9か月間も対策が必要ということになります。

デスクワークで日焼けする?

実は最近の研究でパソコンやスマホのブルーライトがシミの原因になる、ということがわかってきました。

ブルーライトは紫外線(UVA)に近い性質をしており、4日間のPC作業は20分間の日焼けと同じであるという報告もあります。

電車に乗っている疲れていそうなサラリーマンが「疲れていそう」に見える理由は、ダメージを受けた肌が原因かもしれませんね。

メンズに贈る正しい日焼け止めの選び方

「日焼け止め選びに性別があるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、男性の肌と女性の肌は特徴が異なるため、理にかなった選び方が大切になります。

日焼け止めの選び方は次の3つのポイントを押さえてください。

  • 日焼け止めの種類で選ぶ
  • 機能別で選ぶ
  • 吸収剤&散乱剤の両方のW配合のものを選ぶ

順番に解説していきます。

その①:日焼け止めの種類で選ぶ

日焼け止めの種類が多すぎてどれを選んだらいいのかわからない、という方は多いと思います。

メンズの場合は「リキッドタイプ」「ジェルタイプ」のどちらかを選ぶのがおすすめです。

 リキッドタイプ

仕上がりが早く、初心者でも塗りやすい。

 ジェルタイプ

使用感がみずみずしいため“塗ってる感”を感じにくい。

ジェルタイプの中には、時間が経過でテカりやすいものもあるので、皮脂が多い方や人と接する機会が多い方はリキッドタイプがいいかもしれません。

また、汗っかきの方は汗水に強いウォータープルーフタイプも向いています。

メンズ美容家EBATO
スプレータイプ、シートタイプは手軽な反面、上記タイプに比べると紫外線ガードにムラが出やすいので、塗り直し用としてお使いください

その②:機能別で選ぶ

この夏からUVケアとして日焼け止めを塗ろうと持っている方におすすめなのが、UV成分が配合されたBBクリームやオールインワンコスメです。

日焼け止め紫外線をガードするのが目的ですが、最近ではスキンケアとUVケアを1つで済ませることができる画期的なアイテムも発売されています。

BBクリームなら肌色補正とUVケア、オールインワンなら保湿とUVケアがワンステップで完結するというわけですね。

メンズ美容家EBATO
日焼け止めを塗るのが面倒くさい、時間がないビジネスマンの方に特におすすめです

おすすめアイテムを掲載しておくので、興味のある方は試してみてください。

UNO UNパーフェクションジェル a

マニフィーク オールインワンジェルUV メンズ

その③:吸収剤&散乱剤の両方のW配合のものを選ぶ

UVカット成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があるのですが、絶対に日焼けしたくないという方は両方が配合された日焼け止めを選びましょう。

理由はとても簡単でどちらにも良さがあるので、相乗効果が期待できるというわけです。

特に一日中外にいる場合などは一つ持っておくと安心です。

その④:ブルーライト・近赤外線カットも有効

先ほどもお話しましたが、日焼けの原因は紫外線だけではないことがわかってきました。

各メーカーからも紫外線はもちろんのことブルーライト、近赤外線カットもできる日焼け止めが販売されており、ビジネスマンにはうってつけです。10年後、20年後の肌に期待しましょう。

メンズ美容家EBATO
日焼け止め選びにおいて重要なのは、肌質、使用感の好み、ライフスタイルに合わせて選ぶと失敗しませんよ
SNSやネット記事で「紫外線吸収剤は肌の上で化学反応が起きるから肌に悪い」といった意見をよく見かけますが、これは間違いです。確かに化学反応は起きるものの、別の構造に変化するわけではないため、肌にダメージを与えることはありません。

うっかり日焼けしてしまったときの対処法

日焼けした部位を冷やす

日焼けした肌は炎症が起きている状態なので、その日のうちに冷やすことが重要です。

冷水で濡らしたタオルを当ててクールダウンしましょう。

美白化粧品を使う

美白化粧品には、厚生労働省の認可を受けた「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」効果のある成分が配合されています。

 美白有効成分の一例

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • ルシノール

上記の成分が配合された美白化粧品を使うのが効果的です。

美白化粧品はあくまで「予防」なので、今あるシミを消すことはできません。40代、50代、60代になって慌てるより「今」予防することで将来の肌は大きく変わります。

また、日焼け止めと両方使いすることで相乗効果も期待できます。

メンズが知っておくべき日焼け止めのQ&A

最後に上記で紹介しきれなかった日焼け止めに関する知識を共有して終わりたいと思います。

「SPF」「PA」とは

簡単にまとめると次のようになります。

  • SPF:UVBの防止効果を表す数値
  • PA:UVAの防止効果を「+」で表す

「UVA」とは、肌のより深いところ(真皮中層)まで到達し、肌の弾力を保つエラスチン繊維やコラーゲン繊維を変性させ、シワ・たるみの原因になります。

「UVB」は、シミ・そばかすの原因になる散乱性の高い紫外線です。

最近の日焼け止めは「SPF50」または「SPF50+」、「PA++++」がほとんどなので、あまり気にする必要はありません。

メンズ美容家EBATO

以前は高SPF&高PAの日焼け止めは、肌への負担が大きいといわれていましたが、最近の日焼け止めはその辺りも考慮されて作られています

現在の市場は、いかに使用感をよくするか、新技術を組み込むかという競争になっています

在宅ワークでも日焼け止めは必要か

UVAはガラスを通過するため、部屋にいても紫外線を浴びてしまいます。

最近では、UVカット加工された窓ガラスやカーテンが売られているものの、100%遮るわけではありません。

光老化に負けたくなければ、在宅ワークでも日焼け止めを塗ることをおすすめします。

日焼け止めを上手に塗るコツは

まずは「適量」を守ることが重要です。日焼け止めのパッケージ裏には、適量の目安が書かれている場合があります。

もし書かれていない場合は、パール粒2個分(0.8g)を目安に顔全体に塗ってください。

塗布量が少ないと当然日焼けしますし、逆に多すぎるとテカりや白浮きの原因になるので注意しましょう。

年齢が出やすい首も忘れずに塗る

顔と首の色が違うとおかしなことになってしまいます。特に首は年齢が出やすい部位ですから、しっかり塗っておくことをおすすめします。

首に日焼け止めを塗る場合は、シワに沿うようすると塗りムラがなくなり、紫外線防御効果もアップしますよ。

まとめ:UVケアを制するものが外見力を制す

日焼け止めは、10年後、20年後の自分への投資です。

誰でも老けて見られるのは気持ちのいいことではないですし、自分の顔を見て「こんなに老けてたっけ……?」とショックを受けるとメンタルにもよくないですよね。

たとえシワができたとしても、手入れされているうるおいのあるシワは、男のカッコよさにもなります。

ぜひ今日からUVケアをはじめましょう。

 本記事で紹介したおすすめ日焼け止め

関連記事

日焼け止めが大事ってよく聞くけど、実際はどうなんですか?正直、毎日塗るのは大変……。UVケアのメリットやデメリット、日焼け止めの基本的なことが知りたいです こんな悩みを解決します。 ・日焼け止めを毎日塗るべき理由 ・日[…]


参考資料

紫外線環境保健マニュアル2020(環境省)

気象庁 紫外線データ集

日本化粧品検定2級・3級対策テキスト(主婦の友社)

日本化粧品検定1級対策テキスト(主婦の友社)

美肌成分事典(かずのすけ 白野実著, 主婦の友インフォス)

皮膚科専門医が教えるメンズスキンケアパーフェクトガイド(小林智子著, 法建)