臭っていませんか?足の臭いの原因と対策方法を解説

こんにちは。EBATOです。

今日は、足のニオイ対策についてお話します。

靴を脱いだときに思わず自分のニオイに「うっ……!」と思ったこと、

周りからニオイが漂ってきたけど、結局何も言えなかったという経験は誰にでもあると思います。

足のニオイケアができるアイテムは売っているものの、香りと混じってかえって変なニオイになってしまうこともあります。

そもそもどうして足は臭くなるのでしょうか。ニオイの原因とその対策方法について解説していきます。

足が臭う原因

知らない方も多いと思いますが、実は本来、足は無臭です。

汗には「臭わない汗」と「臭う汗」を出す2つの汗腺があります。足には臭わない汗を出す「エクリン腺」が集中しているため、汗をかきやすい部位なのです。

ですが、エクリン腺から分泌される汗の成分は99%が水で、少量の塩分や尿素、乳酸などが含まれているものの、ほとんど無臭。

では、どうして足が臭くなるのでしょうか。それは蒸れた足の中は「雑菌」が大好きな環境だからです。

足に汗をかくと皮脂や古い角質と混ざり合い、雑菌が繁殖しやくなります。

つまり、臭わせないためには雑菌が繁殖しないようなケアをすればいいわけです。

足の臭いを防ぐ対策方法

古い角質を落とす

足の角質は角質は厚くなりがち。余分な角質を除去してあげることがニオイ防止につながります。

足専用のヤスリ』で優しく落とすのがおすすめです。ヤスリを使う際は、必ず乾いた状態でやること。そして、一定方向に優しくこすることです。

力強く擦ったり、やりすぎてしまうと必要な角質まで落としてしまい、これも臭う原因となるので注意してください。

足の隅々まで洗う

ニオイを防ぐためには、とにかく汚れを残さないようにしっかりと洗うことが大切。

足の裏はもちろん、意外と見落としがちなのが「足指の間」や「爪の間」です。

これらの部位は特に汚れや古い角質が溜まりやすく、ニオイも強烈になりやすいので気をつけましょう。

足をちゃんと洗っているのに臭うという人は、足を隅々まで洗えていない場合がほとんどといっても過言ではありません。

ちなみに僕は毎日『専用のフットブラシ』を使って洗っています。高いものではないのでポチッておきましょう。

こまめに足の爪を切る

手の爪を切る人は多いと思いますが、足の爪は伸びっぱなしという人は少なくありません。

せっかく足を洗っても爪が伸びていると、爪の間に垢や古い角質が溜まっていきます。

これがめちゃくちゃ臭いので、足の爪はこまめに切ることをおすすめします。

「手の爪切りと一緒にしたくない」という人は、足専用の爪切りもあるので一つ用意しておくといいかもしれません。

足爪用のニッパー』を使うとキレイに切れて、汚れの侵入を防げます。

ぜひ参考にしてみてください。