お酒は本当に太るのか?美容家が考える肥満のリスクを下げる飲み方

こんにちは。EBATOです。

今日は肥満のリスクを下げるお酒の選び方についてお話しします。

お酒=糖質の固まりというイメージから、お酒の席が増えるとビール太りが気になるという方も多いでしょう。「太る原因はお酒ではなく、唐揚げやポテトフライのせいだ」という説もあります。

「本当のところ、お酒は太るのか」という問題ですが、結論からいえばお酒も飲み方を間違うと太ります。今、太るメカニズムは血糖値にあるというのが有力のようです。

ビールを飲むと太るといわれているのは、ビールに含まれている糖質によって血糖値が上がるから。上がった血糖値はインスリンの分泌によって下げられるのですが、下げる過程で糖質を脂肪に変えてカラダに蓄える働きをします。

つまり、血糖値が急上昇するような飲み方をすると、それだけ肥満のリスクも高くなるというわけです。では一体、どのような飲み方をすれば太りにくくなるのでしょうか。

お酒の種類を選ぶ

肥満の原因が血糖値にある理由はお分かりいただけたかと思います。一言に「お酒」といってもビール、日本酒、焼酎、ワインなどの種類がありますね。それら全てが同じ血糖値の上がり方をするとは考えにくいです。

実はある医学誌では炭水化物やビールを飲んだ時の血糖値とインスリンの変化を調べた結果が報告されています。

  • 白いパンを食べた場合
  • ビールを飲んだ場合
  • ワインを飲んだ場合
  • ジンを飲んだ場合

結果は白パンを食べたときがダントツで血糖値が上がり、インスリンの分泌量も高かったのです。次にビールを飲んだとき。しかし、ワインやジンは血糖値もインスリンの分泌量もあまり変化が見られませんでした

この結果からわかるようにお酒の席が続くような場合は、ビールは避けてウィスキーや焼酎といった蒸留酒、ワインを選ぶと肥満のリスクを下げられそうです。

注意したいのはサワー類。焼酎とはいえ、甘いジュースで割ったようなものを飲んでしまうと血糖値を上げてしまう危険性があるので、烏龍茶、緑茶、お湯またはレモン、グレープフルーツといった低糖質の柑橘類で割ったものを選ぶのがおすすめです。

食事は和食よりもイタリアン?

「和食は健康にいい」というのが一般的な意見だと思いますが、僕はイタリアンを推します。その理由は「オリーブオイル」にあります。

ウィスキーやワイン、焼酎にも少なからず糖質は含まれています。実はオリーブオイルと一緒に糖質を摂取すると、血糖値の上昇を抑える効果があるという報告があるのです。

また、イタリアンといえばパスタですが、お米に比べて血糖値が上昇しにくいことも大きなメリットです。

イタリアンでストレスに強くなる!?

イタリアやギリシャといった地中海では野菜や魚、オリーブオイルをたっぷり使った健康的な料理が多いことで有名です。実は健康的な食事をしている人は、ストレス耐性が高く、うつ病にもなりにくいという研究が多くあります。

そこで「地中海伝統の食事はメンタルにどのような影響を与えるのか?」という面白い研究をオーストラリアのスウィンバーン工科大学が行いました。その結果、地中海式の食事をしばらく続けた人は年齢、性別に関わらず脳の機能がアップしたことがわかったのです。

太りにくいだけでなく、メンタルが強くなるうえに頭も良くなるのなら選ばない理由がないのではないでしょうか。ただし、いくら健康的な食事だからといって食べすぎは禁物。

お酒の席が多くて、太りたくないという人はぜひ参考にしてみてください。