人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

体力低下、メンタル悪化は男性ホルモンの低下かもしれない話




・体力が落ちている気がする
・慢性的な疲労に悩んでいる
・感情の起伏が激しくなった
・痩せにくくなった
・性欲が減退してきた
こんな悩みを抱えているビジネスパーソンは多いと思います。
これらを引き起こしているのは、もしかすると「男性ホルモン」が減少しているせいかもしれません。
「テストテロン」という男性ホルモンは筋肉の合成やメンタルと深い関係があるといわれています。
つまり、「テストテロン」は男らしくいるために欠かせないホルモンというわけです。ではどうすれば減少を防ぐことができるのでしょうか。

テストテロンが減るとメタボになる?

テストテロンは「筋肉を落ちるのを防ぐ」「筋肉の合成を高める」という2つの重要な役割があります

つまり、テストテロンの分泌量が減ってしまうと筋肉が低下します。筋肉が低下するということは……

  • 体温が低下して免疫力が低下する
  • エネルギー消費量が低下し、基礎代謝が落ちる
  • 血流が悪くなる

といったことが起こる可能性があります。だから筋肉は人間の体を支える大切な部位といえます。

また、血流が悪くなることで、酸素や栄養が十分に行き渡りにくくなり身体は皮下脂肪を蓄えようとするわけです。これが肥満の原因になります。

実際にメタボリック症候群の人は、テストテロンの分泌量が低いともいわれているのだとか。

じゃあ一度落ちたテストテロンの分泌量はもとに戻らないのかというと、そうとも言い切れません。

テストテロンは「運動」と「食事」である程度改善することが可能です。

筋トレにもポイントがある

筋トレの効果を高めるためには「大きな筋肉(大筋群)」を刺激してあげることが有効です。

一般的にいわれている「大筋群」は、背中、胸、太もも、尻といわれています。

お腹が出てきたからといって、腹筋だけをやっても成果が出ない経験をしたことがある人は意外と多いでしょう。

腹筋は小さな筋肉に分類されるため、大きな筋肉を動かすよりも脂肪燃焼効率が悪く燃えづらいのです。筋トレを考えている人はスクワットなどの全身運動を心がけるといいと思います。

ハードワークよりもほどよい負荷

筋トレと聞くと、がっつり数時間やらなきゃいけないのかと思う方もいるかもしれません。

筋肉をつけることが目的ならそれも必要かもしれませんが、テストテロンの低下を防ぐだけのためなら負荷は軽くて大丈夫。

気持ちよく汗がかける程度のペースで楽しみながらやってください

男性の「ながら運動」はやめましょう

よく、音楽を聴きながら筋トレをしている人がいますが、男性の場合はトレーニング中に何も聴かないほうがいいかもしれません

理由は、テストテロンの分泌量が下がるといわれているからです。メンタリストDaiGoさんの著書『最高のパフォーマンスを実現する超健康法』である研究が紹介されていました。

*奈良教育大学が70人の参加者を対象に実験

*さまざまな音楽を30分間聴き、唾液からテストテロンの値を計測

すると、不思議なことに男性のテストテロンの値は軒並み低下していたのだそうです。反対に女性は数値が上がっていたそうです。

テストテロンは筋肉の成長と深く関わりのあるホルモンですから、分泌量が低下してしまうと筋トレの効果が下がってしまう可能性が考えられます。

退屈かもしれませんが、筋トレの効果の質を落としたくないなら音楽は聴かないほうがいいのかもしれません。

動物性タンパク質を摂りましょう

筋肉の源といえば、やはりタンパク質。なかでも豚肉や鶏肉、ラム肉といった動物性タンパク質を食べるといいと思います。

特におすすめなのは「たまご」。たまごはアミノ酸のバランスがもっとも優れているといわれている食材で、僕もよくトレーナーの方から勧められていました。

美容家の朝食はこんな感じ

ちなみに最近の僕の朝食は、

  • プロテイン
  • たまご
  • 納豆
  • 魚肉ソーセージ
  • コーヒー

と決まっています。仕事の効率を上げるために朝は炭水化物を摂らないようにしています。体の調子はとてもいいので自分に合っているのでしょう。

ちなみにどこか出張とかでもない限りは同じメニューです。

ニンニクと肉の組み合わせは最高

肉と一緒に摂りたいのがニンニクです。ニンニクにはアリシン(硫化アリル)が含まれていて、テストテロンの分泌を促す働きが期待できるといわれている成分です。

ニンニク特有の香りやたまねぎを切ったときに目がしみるのもアリシンの影響だといわれています。

よく肉とニンニクを入れた料理を「スタミナ料理」と言いますが、男性ホルモンの分泌を助けるところからきているというわけなんですね。

ここまでの話をまとめると、

  • テストテロンが減少すると、身体にさまざまな影響が出る
  • テストテロンの分泌を促すには「軽めの運動」が有効
  • タンパク質を摂ることでテストテロンの分泌量を促す

ということになります。ぜひ参考にしてみてください。

記事が参考になったら投票ボタンをぽちっとお願いします!