人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

安易にオーガニックコスメを選ぶと痛い目を見る話《本当にいい化粧品選びとは?》




・オーガニックコスメについて知りたい
・「オーガニック」って結局何?
・オーガニックは肌にも身体にもいいと考えている
今回は、メンズでも本当にオーガニックコスメを選ぶべきかについてお話したいと思います。
「オーガニック」と聞くと髪や肌、健康にも良さそうなイメージがあると思いますが、安易に選ぶべきではありません。
そもそも「オーガニック」とは、農薬や化学肥料を使わず、遺伝子操作も行わずに有機栽培で作られた農作物のこと。オーガニックの定義は国によってさまざまあり、日本にも食品に関する定義はあるものの、コスメに関する基準はありません。
そのため、有機栽培でつくられた植物を一つでも使った製品を“オーガニック”と呼ぶことができるのです。実際にそういった例の化粧品が巷に出回っているのも事実です。

オーガニック=安全ではない?

「どうせ使うなら身体に悪そうな農薬や化学肥料が入っていないものの方がいいだろう」と思う方もいるでしょう。しかしながら、有機栽培で育てられた植物が絶対に安全ともいえないのです。

自然のままで育てられるということは、害虫などの標的にされる可能性も高くなるということ。植物も生きているわけですから、敵から身を守るために嫌なニオイを発したり、自ら毒をまとって退けたり工夫をするわけです。

このブログでも何度も申し上げているようにどんな綺麗事で飾っても化粧品は化学物質の固まり。オーガニックにも同じことがいえます。もちろん、自分の肌質に合えばそれは良いことですが、安直な考えで何でもオーガニックを選んでいると、痛い目を見ることは覚えておいてください。

なぜオーガニックは人気なのか

一言でいえば、「何となく安全そう」だから。実際に僕が美容部員時代に聞いた話では、オーガニックをセールスコピーにすると売上が全然変わるそうです。

確かに男性ならオーガニックのシャンプーなら抜け毛を防いでくれそうとか、髪が生えてくるんじゃないかと想像を膨らせてしまいますよね(実際に僕も専門家になる前まではそう思ってました)

誤解してほしくないのは、僕は化粧品業界にケチをつけているわけではありません。彼らも食べていくために「どうすれば売れるか?」を熟考してマーケティングしているわけですから。

セールスコピーや口コミに惑わされないために消費者ももっと賢い選択をしていく必要があります。

「オーガニックコスメがおすすめ」は参考にすべきではない

たまに「植物には自然に美しさを引き出したり、肌に優しい成分がたくさん入っているからオーガニックがおすすめ」ですという方がいますが、よく考えればおかしな話です。

オーガニックを使ったから肌がきれいになった、そうじゃない成分は肌悩みが絶えなかったというのは、結果論にすぎません。オーガニック化粧品でも、別の成分が肌に合っただけかもしれない。他の化粧品はある成分がアレルギー反応を起こしていただけかもしれない。

そもそもN数が1というのは、エビデンスとしても信ぴょう性に欠けます。こうした一見すると筋が通っているような意見でも、分解をしてみるとピラミッド構造にならない話というのは一つの意見として捉えるのが適切だと僕は思います。

いい化粧品と出会うためには、まず自分の肌に塗って直感的にどう思ったかという感覚がとても大切です。僕があまり「おすすめ化粧品」などの記事を書かないのも責任を持てないからです。

使ってみた結果、僕的には良かった、と書くことは出来ますが、そんなことを書くよりかは知識として使える情報をお伝えするほうが意義があると思いませんか?

自分の直感や感覚は、どんな意見や口コミよりも確かなものなのですから。

記事が参考になったら投票ボタンをぽちっとお願いします!