人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

活性酸素って何?酸化の原因から見るアンチエイジング術




・正しい老化の原因を知りたい
・アンチエイジングが気になっている
・ストレス耐性を高める方法を知りたい
「肌の弾力がなくなってきた……」
「休んでも疲れがとれにくい……」
「些細なことで落ち込みやすくなった……」
このような身体の変化を感じるのは、「酸化」が原因かもしれません。酸化とは、身体がサビて老化する現象を指します。
「活性酸素は身体に有害だ」という話を一度は耳にしたことがあると思います。しかしながら、具体的に活性酸素がどんなもので、身体にどんな影響を与えるかをご存じの方は少ないでしょう。
動脈硬化や生活習慣病の原因ともいわれていることから悪者になされがちな活性酸素ですが、実は人間が健康に生きていくためには欠かせないものなのです。そこで今回は、意外と知られていない活性酸素の特徴や発生するメカニズムについてお話します。
活性酸素の理解を深めることで、正しいアンチエイジングが見えてくるでしょう。

そもそも活性酸素って何者?

活性酸素は、身体を“サビ”させる力が強い酸素のことです。人間は呼吸をするたびに大量の酸素を取り込むわけですが、そのうちのおよそ2%が体内で何かしらの物質と結びついて変質し、活性酸素になるといわれています。

呼吸をするたびに老化が進行するのかというと、そうではありません。活性酸素は本来、体内に侵入した細菌やウィルスを退治するという大切な役割を担っています。私たちの身体が簡単に細菌たちに侵されないのは適量の活性酸素が発生しているからというわけです。

しかし、活性酸素は非常に不安定な性質を持っています。体内で増えすぎてしまうと細胞や遺伝子を攻撃し、「酸化」を進行させてしまうのです。鉄がサビて脆くなっているのを見たことがあると思いますが、体内でも同じことが発生します。また、皮脂を酸化させてニキビの原因になったり、真皮のコラーゲン繊維を分解し、ハリや弾力を低下させる場合も。

つまり、身体を酸化させないためには、活性酸素を増やしすぎないことが大切です。では、どのようなことに注意をすればいいのでしょうか。

活性酸素から身を守るためには

活性酸素が発生する原因は日常のいたるところにありますが、「内的要因」と「外的要因」の2つに分類することができます。やや難しく聞こえるかもしれませんが、自分自身によって作られる原因が「内的なもの」、外気や環境など外部に影響するものが「外部的なもの」を指します。

生活習慣を見直そう

不摂生な食事や過度なストレスが健康を害する理由は、活性酸素が大量発生してしまうためだと考えられています。当たり前ですが、どんなに健康にことをしていても基本の生活習慣が乱れていては、全く意味がありません。

  • ジャンクフード、お菓子、加工肉は食べない
  • ストレスに強くなる
  • タバコは控える
  • 過度な飲酒はしない
  • 7時間以上の睡眠をとる
  • 運動はほどほどに

基本的にはこれらのことに注意をすれば、活性酸素から身を守ることができます。僕も以前は「もっとロジカルで画期的な老化を防ぐ方法があるんじゃないか」と考えていた時期がありましたが、何事も基本をおろそかにしてはいけないということでしょう。

紫外線は最大の敵

米国皮膚科学会では、老化の80%は紫外線(光老化)によるものだといわれています。紫外線は真皮にまで到達し、シミ、そばかすの原因をつくり、肌のハリや弾力を奪ってシワやたるみを引き起こします。季節ごとに紫外線量は変化するものの、基本的に日焼け止めは365日塗るべきです。5年、10年、20年経ったときに必ず違いが出てくるはずです。

その他にも

  • 大気汚染
  • 排気ガス

といったものも活性酸素が過剰発生する原因だと考えられています。自分一人ではどうすることもできない問題でも、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんの呼びかけなど世界中で地球温暖化について考えようという動きもあります。「みんなが健康で豊かに暮らしていくためどんなことができるのか」考え、できることからはじめてみるのもいいでしょう。

活性酸素を減らすメリット

ここまで活性酸素の過剰発生は、老化の原因であることをお話してきました。規則正しい生活を送り、活性酸素を増やしすぎない身体を保つことで、

  • いつまでも若々しく、元気に過ごせる
  • ストレスに負けない、強いメンタルを手に入れられる
  • 自分に自信が生まれて、幸せな人生を送れる

などのメリットがあります。誰も「不幸な人生を送りたい」と願っている人はいないはずです。けれども、老化は身体のあちこちを蝕み、ネガティブな気持ちにさせます。そうならないためにも、酸化から身体を守り、活性酸素を増やしすぎない“日常の心がけ”が大切です。

今回お話したことが、生活習慣を見直すいい機会になれば幸いです。

ランキング投票にご協力お願いします。1日1回押すだけでOK!