人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

知らないとハゲる頭皮の習慣





男性にとって頭皮の問題はとても深刻ですよね。

一人でも多くの人からよく見られることで自分の価値が決まる男性にとって、見た目の印象が大きく変わってしまうことは、とてもマイナスなこと。

額がどんどん後退していくことに危機感を覚える男性はとても多いと思います。かといって巷で出回っている薄毛対策は胡散臭いものも多く、値段も決して安いとはいえません。

本当に効くのかわからないものに投資するのはリスクがありますから、「結局、何が正しいんだ!」だと行動できずにいる方がほとんどではないでしょうか。

そこで、今回は薬に頼らずに薄毛や抜け毛に悩む人がハゲを防ぐにはどうしたらいいのかということをご紹介したいと思います。

薄毛予防になる習慣とは

薄毛を予防するためには、髪の毛と頭皮を清潔に保つことが大切です。なかでもほぼ毎日行う頭皮の洗い方で頭皮環境は大きく変わるといっても過言ではありません。

間違った洗い方をしていると、フケや皮脂汚れが溜まり、頭皮が炎症を起こして抜け毛の原因になる場合もあるのです。かといって、洗いすぎると今度は皮脂の過不足により、頭皮が乾燥してフケの原因になります。

清潔な髪の毛や頭皮を育てるためには、正しい洗髪方法を身につけることがとても重要なのです。

髪の毛の洗い方で薄毛を予防する

清潔な髪の毛、頭皮環境を保つためのポイントは3つです。

予洗いは入念にする

髪の毛を洗う人のほとんどはまず、シャワーで髪を濡らすと思います。あまり深く考えず何となくやっている人が多いと思いますが、実は非常に大切なポイントです。

予洗いの目的は主に「汚れを落とすこと」「シャンプーの泡立ちをよくすること」の2つ。頭皮の汚れの7~8割はお湯で落ちるといわれています。つまり、湯洗いがメインでシャンプーはあくまで仕上げのような位置づけになるわけです。詳しくは後述しますが、「シャンプーは仕上げ」というポイントが頭にあるかないかだけでも意識がかなり変わるはずです。

また、予洗いは髪を傷めずに地肌をまんべんなく洗うことができるので、頭皮への負担を少なくすることができるメリットもあります。

目安はだいたい1分半くらいがおすすめ。洗い残しがちな襟足や耳付近など優しく丁寧に洗ってあげましょう。

シャンプーは必ず泡立てる

シャンプーをつけるときは一度手にとって泡立ててから髪の毛につけることを心がけてください。

市販のシャンプーのほとんどは洗浄力が強く、そのまま付けてしまうと洗いすぎてしまったり、髪の毛や頭皮への刺激になる場合があります。

また、つきムラができ、すすぎ残しの原因になることも。シャンプーが頭皮に残ったままになると、炎症が起きて抜け毛の原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

シャンプー洗いはマッサージをするように洗う

お湯で予洗いをすると、汚れの7~8割は落ちるという話をしました。つまり、残り2~3割をシャンプーで落とせばいいわけです。そうなれば、力いっぱいにゴシゴシ洗ってしまうとそれ以上に皮脂を落とすことになり、頭皮の乾燥やフケの原因になることがわかると思います。

つまり、シャンプーはあくまで仕上げ程度でいいわけです。シャンプーは髪の毛に乗せただけでも十分に汚れを落としてくれます。洗い残しがちな襟足や耳の後ろなど髪の毛全体にシャンプーを馴染ませるように洗うことで、洗いすぎを防ぐことができます。

最後のすすぎもシャンプーが頭皮に残らないように入念に行うことを心がけてください。たかが頭皮洗浄と思うかもしれませんが、頭皮汚れや皮脂の過不足と薄毛の関係はとても密接です。得体の知れない頭皮ケアにお金をつぎこむよりもよほど合理的だと僕は思います。

最後に僕が実際に使用しているおすすめのシャンプーを紹介します。汚れをきちんと落としつつ、ほどよい洗浄力で清潔な頭皮環境を育ててくれます。よかったら参考にしてみてください。

ランキング投票にご協力お願いします!
1日1回押すだけで投票完了(登録不要)