人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

「乾燥」はどこが乾く?肌の仕組みや構造を知る《表皮(ひょうひ)とは》

今回は、肌マネジメントにおいて一番重要な肌の仕組みについて解説します。

突然ですが、人の印象に残るくらいのきれいな肌を育てるために一番必要なことは何だと思いますか。化粧水、美容液、エステなどさまざまな意見があると思います。

美肌づくりで頼るべきは「モノ」ではなく、「自分自身」です。肌にはもともと乾燥から守るための水分を保持する働きや、紫外線やウィルスなどの外部刺激を遮断するバリア機能が備わっています。

ですが、化粧品をころころと変えたり、肌荒れしたからといってすぐに変えてしまったりと化粧品ばかりに目がいってしまう方は少なくありません。

化粧品は「薬」ではなく、あくまで「嗜好品」。作りたい料理があるのに、材料だけあっても意図したものは作れないのと同じで、“肌のレシピ”を知ることが重要です。

肌の仕組みや性質を知ることで、自分の肌は何が必要で、何がいらないのかも自ずと見えてくるでしょう。そこで肌マネジメント最大のキモである「表皮」についてご紹介します。



表皮を制する者は潤いを制す

表皮とは、皮膚の一番表面にある部分です。つまり、普段目視できているのが表皮。

表皮は約0.2mmほどしかないにも関わらず肌を乾燥を守ったり、ウィルスなどの細菌が体内へ侵入するのを防ぐバリアとしての機能を備えるなど非常に優秀な面を持ち合わせています。

そして、表皮のなかでもさらに層が分かれており、上から順番に「角層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」からなります。

肌の守護神的存在の「角層」

きれいな肌を育てるためには、角層をいかにいい環境に整えるかで左右されるといっても過言ではありません。

角層は肌の一番外側にある死んだ細胞(表皮細胞)がミルフィーユのように重なってできている部分です。シャンプーや洗剤に触れても体内へ染み込まないのも、真夏の暑い日に外へ出てても体内の水分が蒸発しないのも全て肌のバリア機能が働いているから。

そのバリアのカギを握っているのが「NMF(天然保湿因子)」「細胞間脂質」「皮脂膜」という3つの要素が大きく関わっており、どれも美肌を保つために必要なものです。

つまり、角層とは肌のディフェンダー。角層の働きを正常に保つことが美肌への近道なのです。

“うるおいの素”NMF(天然保湿因子)

NMF(天然保湿因子)とは、保湿成分の集合体です。おもな成分はアミノ酸、PCA、乳酸ナトリウム、尿素からできています。化学のような話になってきましたが、水分をがっちりと掴んで離さないことが大の得意だということを知っておけばオッケー。

細胞間脂質

水分と油分が何層にもかなさり合って層を創り出しているのが細胞間脂質。水分を留める働きと強固なバリア機能を司ります。バリアの強さは「セラミド」の量によって決まるといわれています。

皮脂膜

皮脂と汗が混じり合ってできた皮膚の保護膜のことです。よく、皮脂を落としすぎてはいけないといわれている理由は、皮脂膜のバランスが崩れてしまうから。水分の蒸発を防ぐなど大切な働きをしています。

化粧品の浸透は「角層」まで

化粧品の浸透は法律によって「角層まで」と決められています。角層はおもに保湿やバリア機能を司る箇所ですから、別人のような肌に生かわるような働きはありません。

化粧品が嗜好品とされているのは、そういった点にあるのです。つまり、肌に必要以上の影響を与える効果があってはならないということ。

「じゃあ化粧品は使っても意味がないのか?」と落ち込む方もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。角層は水分を保持したり、外部刺激から守ったりする重要な役割を担っている場所です。

仕事と同様に肌もきちんとマネジメントをしてあげることで、好印象を与える肌を育てることは十分可能です。

細胞の生まれ故郷「基底層」

表皮の一番深い部分にあるのが「基底層」です。基底層は新しい表皮細胞が生み出される、細胞のふるさとのような部分です。

基底層は血液から栄養分と酸素を受け取り、新しい細胞を作り出します。そのため、ストレスや過度なダイエット、喫煙など日常生活が乱れると血行不良を起こし、新しい細胞が作られなくなってしまうのです。

また、基底層は「肌のターンオーバー」を促す大切な部分でもあります。滞ってしまうと、メラニンが排出されずにシミになったり、傷口が治る速度が遅れたりと肌にとってさまざまな弊害となるので、生活習慣の乱れには十分に注意しなければなりません。

肌マネジメントのカギは「無駄を省く」

このように表皮は、絶え間なく新しい細胞が生まれ変わり、我々を乾燥や細菌などから守ってくれています。

手をかけすぎても人が育たないとの同じで、肌も本当に必要なことを見極めて正しいケアをすることが重要です。どんなにスペックの高いパソコンや効率化ツールを持っていても、最終的には「どう使うか」使う側の人間次第。

肌の仕組みを知り、自分の肌質がどのような状態なのかを知る。そして、本当に必要なものが何かを見つけるのもまた美容の楽しみ方の一つではないでしょうか。

1日1ぽちっと押していただけると励みになります!