人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

そうだったのか!実は肌のターンオーバーはこうなっている





今回は肌荒れの原因について解説します。

美容好きのなかには「肌のターンオーバーが乱れると肌荒れの原因になるよ」と聞いたことがある、もしくはそう思っている方は多いと思います。

肌のターンオーバーとは、簡単にいえば皮膚の一番表面にある「表皮」が生まれ変わることを指します。

きれいな肌、健康な肌の方はこの肌のターンオーバーが正常に働いているため、乾燥しにくく、紫外線などの外部刺激に強いといわれています。

肌のターンオーバーの仕組み

人間の皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造からなります。そのなかの表皮は皮膚の一番外部にある部分で、水分が蒸発するのを防いだり、保護壁として外部刺激から守ってくれる役割を担っています

先ほど肌は生まれ変わるといいましたが、細胞は一番下の基底層で生まれます。生まれた「表皮細胞」は上へ上へと押し上げられていき、角質層へたどり着く「角質細胞」という死んだ細胞へと変わります。

角質細胞の最後は垢となって剥がれ落ちていく、この一連の流れを肌のターンオーバーと呼んでいます。我々が怪我をしても傷口が治ったり、ニキビ痕が消えたりするのも肌のターンオーバーが働いているから

ターンオーバーは28日周期で行われているといわれていますが、年齢や身体の部位によって異なるのであくまで目安として考えておきましょう。

そして、ターンオーバーの速度は早すぎても遅すぎても駄目。ターンオーバーを正常に保つことも美肌でいるための秘訣の一つであることを覚えておいてください。

ターンオーバーが乱れる原因

肌荒れの原因は「遅れ」よりも「早すぎる」ことにある?

何となくのイメージですが、ターンオーバーが速いか遅いかで言ったら、遅いほうが肌荒れが起こりやすそうな感じがしませんか?

早ければ新しい細胞が生まれて、肌もきれいになるんじゃないか、美容について勉強する前の僕が抱いてたイメージですが、これは大きな間違いです。

実は肌荒れに悩むほとんどの方が、ターンオーバーを自らの手で早めていることに原因があります。その理由が「洗顔」です。

毎日石けんやボディソープで顔をゴシゴシ洗っている方、いますよね。実は石けんは洗浄力が強い洗顔料。加えて手で擦ってしまうと角質は簡単に取れてしまいます。

古い角質だけを除去するならまだ良いのですが、角質を削りすぎてしまうとまだ未熟な細胞まで傷つけてしまうことにもなりかねません。

これこそが肌荒れの原因。メンズメイクをする方はクレンジングも使いますから、クレンジングの洗浄力も注意しないと肌を傷めつける一方になってしまうのです。

ターンオーバーを正常に保つコツは、洗いすぎないこと。乾燥で悩んでいる方はゴシゴシ洗わないことをおすすめします

ターンオーバーは本当に加齢で遅れる?

年齢による影響は少なからずあることは間違いありません。歳を重ねれば、細胞の機能も低下しますから新しい表皮細胞を作り出すまでに時間がかかっても不思議ではないでしょう。

若い頃には数日間で治っていた擦り傷も、大人になって治りが遅くなるのもターンオーバーが遅れているからだと言われています。しかし、顔に限っては本当に遅れている人は少ないのではないか、僕はそう思っています。

なぜなら歳を重ねても、洗顔をするからです。ターンオーバーが遅れたとしても、結局洗いすぎてしまったらターンオーバーを加速させることになります。経験上、乾燥に悩むほとんどの人は洗いすぎの傾向にあるので、やはり自分に合う洗浄力の洗顔料を選び、ほどよく洗うことが美肌への近道です。

やっぱり紫外線は肌の天敵

紫外線を浴びると皮膚が炎症を起こして「早く治せ!」という指令が出ます。その結果、ターンオーバーを早めることになり周期が崩れてしまうなんてことも。

外出時に限らず、日焼け止めは365日行うようにしましょう。

ターンオーバーを正常に保つには

「洗いすぎない」こと。これに限ると思います。洗えば洗うほど、あなたの肌を乾燥から守る角質を自ら削ぎ落としていることを忘れてはいけません。

部下に手をかけすぎると成長しないのと同じで、肌もある程度「放任主義」で自らの機能を高めるようなスキンケアを心がけることがきれいな肌への近道です。

記事が参考になったら、1日1ぽちっと押していただけると励みになります!