人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

肌の乾燥、体臭を防ぎたいならゴシゴシ洗わない方がいい理由

汗や体臭を気になるからといって、顔や体をゴシゴシ洗ってはいませんか?きれいな肌を保ち、体臭を防ぎたいなら今日から洗わない努力をするべきです。

ちゃんと洗っているはずなのに、ニオイを指摘されたことがある、顔に出来物ができた、肌がカサカサ乾燥するといった肌トラブルは洗いすぎが原因です。

なぜ汚れているのに洗いすぎてはいけないのか、それは肌には元々乾燥から守るための成分や清潔な肌を保つための菌を守るため。よく薬用シャンプーなどで「体臭予防」や「加齢臭対策」と書かれたものがありますが、これには大きな落とし穴があるのです。

殺菌効果のあるシャンプーは、確かに汗や皮脂、ニオイの原因である菌をきれいさっぱり洗い流してくれます。ですが、残念ながら流れているのは汗や皮脂、悪い菌だけではありません

一体どういうことなのでしょうか。

乾燥から肌を守りたいのなら、自らの肌のうるおい力を高めるのが一番。私たちの肌には元々、「天然保湿因子(NMF)」、「細胞間脂質」、「皮脂」が水分が蒸発するのを防いだり、外部の刺激から肌を守ってくれたりしています。洗剤を触れても肌に浸透していかないのもこれらの機能のおかげなのです。

しかし、これらは洗浄力の強いシャンプーなどを使うと、汗や皮脂汚れと一緒に洗い流されてしまいます。肌荒れの多くは、正常に保たれていた肌環境が、洗いすぎによってガラリと変わってしまうことで起きます。

また、肌環境が変わると、雑菌が繁殖しやすくなったりするため、体臭が臭いやすくなることも。スキンケアはよかれと思ってやっていたことが、実は悩みを大きくしている場合が多々あります。早く悩みを解消したいのなら、洗いすぎは避けて自分が本来持っている“うるおい力”は守ることを考えていくことをおすすめします。

臭いの原因は菌ですが、臭わないようにするのもまた菌です。メリットがある菌を「善玉菌」、反対に悪影響を及ぼすのが「悪玉菌」、環境によって善にもアクにもなる菌を「日和見菌」と呼び、人間の体に住んでいる菌は数100種類、数にすると10兆~100兆にもなるといわれています。

体臭を抑えるためには、ほどほどに洗うことです。汗をかきやすい人ほど「体臭を予防する」と書かれたアイテムを選んでしまいがちですが、その選択こそ体臭を招いている根本かもしれません。

なぜなら殺菌効果のある成分は文字通り「菌を退治する」ことを目的としているため、善悪の区別がありません。つまり、悪玉菌の繁殖を防ぎ、臭いを抑制してくれるはずの善玉菌まで減ってしまうのです。

ではどうすれば、保湿成分や善玉菌を守り、清潔な肌を保つことができるのでしょうか。

一番重要なのは、洗浄成分です。一般的に男性向けのスキンケアアイテムは、「ラウリル硫酸Na」、「ラウレス硫酸Na」、「石けん」など洗浄力が強いものが使われていることが多いです。

これらで毎日ゴシゴシ洗っていると、保湿成分などはどんどん失われてしまいます。そうならないためにも、「アミノ酸系」や「カルボン酸系」といったものを選ぶと洗いすぎを防ぐことができます。

また、体を洗うときに固めのウォッシュタオルを使っている人も要注意。肌を傷つけて、やはりうるおい力を落とす原因になります。おすすめは手。手でも十分に汚れは落ちるので試しててはいかがでしょうか。

清潔できれいな肌を保つのは、化粧品ではなくあなた自身だということ。化粧品はあくまでそれをサポートする位置づけであることを忘れずに適切なケアを心がけましょう。

記事が参考になったら、1日1ぽちっと押していただけると励みになります!