人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

ヒゲは剃ると濃くなるのか?青ヒゲの原因や対策方法

「しっかり剃っているのに濃く見える」
「青ヒゲのせいで老けてみられる」
「清潔感がなさそうに見える」

男性の見た目に大きく影響する「青ヒゲ」。自分のヒゲの濃さに嫌気がさしている人は多いと思います。ヒゲはただ、処理をすればいいわけではありません。正しい方法で行わないと、さらに濃く見えたり、肌荒れの原因にもつながるのです。

青ヒゲの悩みから手っ取り早く解放されるためには、医療機関での脱毛がおすすめです。

脱毛は保険適応外になるため、100%自己負担になりますが、それでも長い目で見れば、医療機関で脱毛を受けた方が経済的にもお得です。

実際、僕もヒゲ脱毛をクリニックで受けており、受ける前と比べて圧倒的にヒゲの濃さが改善されました。

今回は青ヒゲが濃くなる原因や正しいヒゲの処理方法などについてをお話しします。

ヒゲが青く、濃く見える原因

青ヒゲは、剃った後の毛が皮膚から透けて見えることで起こります。毛というのは、先端が最も細く、毛根に近づくにつれて太い構造になっています。その断面が露わになることで、濃い青っぽい色に見えるのです。ですから、ヒゲ剃りをするほど濃くなるのも間違い

ヒゲを抜いても問題ない?

よく毛抜きでヒゲを抜くのは肌荒れの原因になるので良くないと言われていますが、正しく抜けば問題ありません。

毛抜きでヒゲを処理すると肌が荒れる原因は、「埋没毛」。毛根に残った短い毛が毛穴の中で伸びて埋まってしまうことをいいます。この状態になると、皮膚が炎症を起こして赤いポツポツになることも。抜くときは、清潔で先端が鋭利でない毛抜きを使うときれいに抜けます。

それでも肌荒れのリスクはゼロではないので、ヒゲ剃りを使うのが無難。肌のことを考えると、T字カミソリより電動シェーバーがおすすめ。替え刃を交換する周期も電動シェーバーの方が割安なのも嬉しいメリットです。

医療機関で脱毛するメリット

青ヒゲを目立たなくする方法は、やはり脱毛してしまうのが確実です。

脱毛は経済的負担がかかるイメージがありますが、クリニックによっては施術を受けるたびに料金を支払う「都度払い」もあります。部位ごとに料金が決められているため、財布と相談できるのが強みです。

医療機関で脱毛するメリットは、まだあります。それは、脱毛機器が厚生労働省から認可された安全なものであること。脱毛エステやサロンの機器は厚労省から認可されていないものを使っているため、出力が弱くなっています。人によっては効果を実感しにくいというデメリットがあるのです。

また、医療機関の場合、施術を行うのは全員医療従事者なのでやはり安心感があります。エステやサロンは医療従事者でなくても施術可能ですが、やけどなどのトラブルになるケースもあるのだとか。

顔は見た目に大きな影響を与える部位ですから、安心をお金で買ったと思えばそれほど高くは感じないでしょう。むしろ、エステやサロンで脱毛を受けるくらいなら自宅用の脱毛機器を買った方が余計な営業もされずに済み、経済的にも優しいと思います。

脱毛以外で青ヒゲを薄くするには

そんな時はメイクで隠してしまいましょう。ここ最近、カバー力の高い男性用化粧品が増えており、クマやシミ、青ヒゲ隠しに適しているアイテムが揃っています。

おすすめはファンデーション。ファンデーションを塗る目的は、肌色を均一に整えて、清潔な肌を演出するためのもの。よく、コンシーラーを使ってカバーする方法が紹介されていますが、メイクに携わるものからしたらナンセンス。

コンシーラーはメイク用品の一つで、ファンデーションでカバー仕切れなかったニキビやシミなどの肌トラブルを、カバーする目的で使われます。ただ、ややこってりとした質感のものが多く、コンシーラーをいきなり肌の上に乗せてしまうと、ムラになりやすく、崩れやすくなるのでおすすめしません。コンシーラーはファンデーションを塗ってから、その上に重ねるのがワンランク上のメンズメイク術です。

青ヒゲどこいった?完璧メンズメイク術

  • 少量を手に取り、気になる部位に薄く伸ばすように塗る
  • カバーしたりない部分はさらにファンデーションをのせる
  • 全体的に肌に馴染んだら、ティッシュで軽く抑えて余分なファンデーションを取る
  • 青ヒゲが気になる場合は、コンシーラーを使う
  • 少しずつ気になる部位に伸ばしていき、境界線をボカす

ファンデーションの色選びのポイントは、首の色に近いものを選ぶこと。顔の色で選んでしまうと、顔と首で色が分かれてしまうので注意しましょう。

本日のおさらい

●青ヒゲ対策は医療機関での脱毛がベスト

●ヒゲは抜いても問題ないが、きれいに抜かないと肌荒れをする


●メイクで青ヒゲを隠すときは、ファンデーションがおすすめ。一気に塗らずに少量を重ねていくイメージ

記事が参考になったら、1日1ぽちっと押していただけると励みになります!