人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

紫外線だけじゃない。「AGE」が肌の老化を進行させる理由

最近、健康・美容分野で注目を集めている「AGE(エージーイー)」をご存知でしょうか。体や肌に悪影響を与えるといわれており、テレビや雑誌でも度々取り上げられています。

実は皆さんが大好きなトーストやおにぎり、お好み焼きなどこんがりと褐色に焼けるものに多く含まれているのです。タンパク質や糖質を加熱すると起こる「メイラード反応」と呼ばれる現象が起こります。昔から「コゲ」を食べるとガンになるという話がありますが、近年、それらの食品にAGEが含まれていることがわかってきました。

具体的にAGEは体にどんな影響を与えるのでしょうか。

老化の原因「AGE」とは

AGE《Advanced Glycation End Products(終末糖化産物)》は近年、「老化の真犯人」とも呼ばれている悪い物質です。体内でタンパク質や脂質、糖質と結びつくと「糖化(劣化反応)」という現象が起きます。そこから生まれる物質がAGE。AGEはさまざまな病気や老化の原因になるといわれています

AGEは体内で作られる一方で、食品にも含まれています。特にソーセージやベーコンなどの加工肉、トンカツ、ハンバーガーなどはその代表例。先ほど例に挙げたトーストや焼きおにぎり、糖質たっぷりのパンケーキもAGEの含有量が多いことで有名です。ポイントになるのは、糖質が悪いのではなく、タンパク質や脂質と結びつくことでAGEが生まれるという点です。

ですが、糖質がきっかけであることには変わりませんから、AGEを避けるには糖質の過剰摂取を避ける、AGEが多く含まれる食品を控えていく必要があります。

AGEが与える体への影響

AGEは体内にあるタンパク質や脂質に悪影響があるともいわれています。体内でAGEが増えると、肌のハリを保っているコラーゲンを攻撃し、シワやたるみの原因になることも。主成分となっている髪や爪にも影響がないとはいいきれません。その他にも、血管の機能が低下することで「動脈硬化」「心筋梗塞」の原因にもなるようです。

『医者が教える食事術』の著者であるAGE牧田クリニック院長の牧田善二氏は著書で次のように述べています。

AGEについては、ここ数年で劇的に研究が進み、その害が明確になっています。1970年以降に発表された論文で、AGEは血管、腎臓、筋肉、コラーゲンに甚大な損傷をもたらすと報告され、その後も、さまざまな研究機関によってあらゆる病気との関わりが次々と指摘されるようになりました。

『医者が教える食事術 最強の教科書 ーー20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(牧田善二著、ダイヤモンド社)より引用

このようにAGEがもたらす体への影響は深刻であり、いつまでも健康な体、美しい肌を保つには、AGEのリスクを十分に認知して危険を回避していかなければなりません。

AGEから身を守るコツ

AGEを減らす調理方法を選ぶ

AGEは高温で調理することで増えるので、トンカツや唐揚げといった揚げ物などには多く含まれています。おすすめの調理方法は、煮る・茹でる・蒸す。特に酢を使うマリネはAGEを1/2以下に下げることができるのでおすすめです。もし、揚げ物が食べるときは、AGEを抑える効果があるレモンをかけます。食べすぎないために量や回数を決めておくとなお良いでしょう。

糖質の多い食べ物を避ける

AGEはブドウ糖がタンパク質や脂質と結びついて生まれる物質ですから、過剰な糖質を制限することでAGEが増えるのを防ぐことができます。糖質を多く含む食品を挙げておきます。

  • 清涼飲料水、缶コーヒー、ジュース
  • お菓子
  • 白米、食パン、うどんなど
  • 果物

健康やダイエットにいいイメージがある果物も実は糖質が多いので食べすぎには注意が必要です。とはいっても、ずっと食べずにガマンするのもストレスの原因になるので、食べていい日を作るなどして量をコントロールするのがおすすめです。

糖質を摂ってもAGEが減る食品

「糖質が体に悪いことがわかっていても、食べたくなるから困っているんだ!」という声もあるでしょう。そんな人のためにAGEが減る食品をご紹介します。

シナモン

シナモンには血糖値を下げる効果や抗酸化作用、殺菌作用などがある素晴らしい食品です。朝食のトーストにシナモンパウダーをかけたり、コーヒーや紅茶に入れるのもいいと思います。シナモンは大体のスーパーに置いているので簡単に手に入れることができます。ちなみに僕は毎日コーヒーにシナモンとハチミツを入れて飲んでいます。とても美味しいのでぜひ試してみてください。

オリーブオイル

体の老化を防ぐには油にもこだわりたいところです。パンにオリーブオイルをつけて食べると、バターやコーンオイルに比べて血糖値が上昇が緩やかになったという研究結果もあるくらい効果が認められています。血糖値とAGEの量は血糖値の高さが関係しているため、いかに血糖値を上げないかが重要です。上質な油を摂って老化を防ぎましょう。

海藻やキノコ

海藻やキノコには豊富なビタミンやミネラルが含まれていますが、糖質はほとんどありません。また、海藻には毛髪や肌にいいとされている食材。美肌になりたいなら積極的に摂ることを心がけてください。また、食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えてくれます。

私たちの身体は、想像以上に食事に影響されることがお分かりいただけたかと思います。日々の食事でできることからはじめて、ときには食べたいものを食べるなど無理のない範囲で継続することが健康への近道です。

記事が参考になったら、1日1ぽちっと押していただけると励みになります!