人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

紫外線は老化の敵/今から抑えておきたい日焼け止め丸わかりポイント

紫外線対策で一番にすべきことといえば、「日焼け止め」です。シミやシワの原因が紫外線にあるということは、ほとんどの人が知っていると思いますが、実は老化(光老化)の主な原因も紫外線なのです。米国皮膚学会では、実に8割が光老化によるものだと考えているようです。

ドラッグストアや化粧品売り場へ行くと数え切れないほどの日焼け止めが売られていますよね。「どれでも同じでしょ?」とか「安物よりブランドものの方が効くんじゃないか?」と思う人がいるかもしれませんが、日焼け止めは慎重に選ばぶことをおすすめします。安易に選ぶと肌に合わずアレルギー反応が出たり、乾燥を招く原因を作ることにもなるため、用途に応じての使い分けることが大切です。

そこで今回は、知っているようで知られていない「日焼け止め」のあれこれを解説していきます。

紫外線B波(UV-B)を防止するSPF

あなたは日焼け止めに必ず書かれている「SPF」と「PA」のことをどれくらい知っていますか。

SPF(Sun Protection Factor)とは、紫外線B波をカットする力を表します。日焼けをして皮膚が赤くなり、ヒリヒリ(サンバーン)するまでの時間を何倍までに延ばすことができるかという目安です。SPF20と書かれていた場合、およそ20倍延ばすことができることを指します。

日本人の場合、サンバーンを起こすまでの時間は、色白肌の人で20分、普通肌の人で25分、色黒の人で30分といわれています(個人差かなりあり)。

例えば、普通肌の人が、SPF20の日焼け止めを塗った場合、何も塗らなかったときと比べて約8時間半、サンバーンを起こすのを防ぐということです。

やっぱり高SPFの日焼け止めは優秀なのか?

それならば「8時間半も紫外線から守ってくれるなら、高SPFのものを一日塗っておけばいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。実は日焼け止めの落とし穴がそこにあるのです。

SPF値は、メーカーの実験に基づいて測定された数値です。もちろん、さまざまなケースを想定したうえで計測は行なっていますが、どのような人が、どのような環境下で測定したかを知ることはできません

さらに人によって塗布量も異なります。このことから、数値はあくまで目安として捉えておくのが賢明でしょう。

また、高SPFの日焼け止めを常用した場合、肌への刺激になる場合があるので一日中外にいるとき以外は避けたいところ。

PAは紫外線A波(UV-A)を防止する

PAは、「+」の数でA波のカットする力を表します。数値で表すSPFよりもわかりやすいかもしれません。

POINT

~PAの指標~

・PA+ 効果がある

・PA++ かなり効果がある

・PA+++ 非常に効果がある

・PA++++ 極めて高い効果がある

明確化しない理由は、A波の測定は難しいため。B波はすぐに影響が現れますが、A波はサンタン(皮膚が黒くなること)を起こすまでに時間を要するという点から、このような表し方をしています。プラスが多ければ多いほど、効果が高いと覚えておくといいでしょう。

日焼け止めの適切な選び方

日常使いならSPF20~30程度がおすすめ。SPF50の高いカット力を持つ日焼け止めは、海や山、キャンプ、フェスなど外にいる時間が長くなるレジャー向きです。

日焼け止めの効果をきちんと得るためには、塗り直しは必要不可欠。汗をかいたとき、屋内から屋外へ出るときなど、こまめに塗り直すことを心がけましょう。

日焼け止めを正しく選び、正しく使うことで5年後、10年後の肌に差が生まれてくるかもしれません。紫外線から肌を守り、「憧れる美肌」維持につとめてみてはいかがでしょうか。

記事が参考になったら、1日1ぽちっと押していただけると励みになります!