人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

その紫外線対策、本当に大丈夫ですか?《あなたは既に狙われている》

「今日は暑いから日焼け止めを塗ろう」「曇っているから今日は大丈夫だろう」と紫外線に対して誤った認識をしている人は少なくありません。

米国皮膚科学会では、老化の80%が紫外線による影響だと考えられています。紫外線のことについて間違った捉え方をしていると、知らない間に浴びてしまったり、気づいたらシミやシワを増やすことになったりしてしまうのです。

いつまでも若々しい男でいたいのなら、正しい紫外線の知識を知り、今すぐに対策を始めるべきです。

紫外線にも種類がある

紫外線は太陽光線の一種です。太陽光線のうち可視光線52%、赤外線42%、紫外線はわずか6%ほどしかないといわれています。その他にもX線、ガンマ線がありますが、地表には届かないので省きます。

さらに紫外線には「A波(UV-A)」「B波(UV-B)」「C波(UV-C)」があり、特に注意して対策しなければならないのがA波とB波です。この2つの大きな違いは、エネルギーによる強さです。

A波はエネルギーこそ弱いですが、長い波長を持ち、ジワジワと肌の奥(真皮)まで届きます。メラノサイトを活性化し、皮膚を黒くしたり、肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンを老化させてシワやたるみを引き起こすといわれています。地表に降り注ぐほとんどの紫外線がA波であり、生活紫外線とも呼ばれています。

対してB波は、A波に比べて強いエネルギーを持っています。細胞を傷つけて肌の老化原因をつくる厄介者です。皮膚が赤く炎症を起こす現象(サンバーン)もB波の仕業。シミ、そばかすを増やしたり、肌のターンオーバーを乱してごわつきや乾燥を招く場合もあります。

雲やガラスはほとんど通さない性質がありますが、夏フェスやレジャーなど主に外にいるときには注意したい紫外線です。

“一生肌男”でいたいなら年中日焼け止めを塗るべし

紫外線といえば、夏が一番強く、冬が一番弱いと思っている人がいますが、それも間違いです。確かに夏の紫外線量が多いことは間違いではありませんが、夏以外でも油断していると知らない間に紫外線ダメージが蓄積している可能性は大。

なぜならA波とB波ではシーズンが異なるからです。よく皆さんが気にする夏の紫外線はB波のことを指します。ジリジリと容赦なく私たちを照りつけるB波は主に「7月~8月」がピーク。その後、紫外線量は低下していきますが、実は冬になってもその量は半分程度にしかなりません。そもそも紫外線は浴びていても何も感じないので、浴びている実感が湧きにくいのが厄介な点です。

では、A波はどうでしょうか。A波は4月から次第に強くなりはじめて9月ごろまでほとんど紫外線が変わらず、長期間降り注いでいるのが特徴です。さらにB波と決定的に違う点は、季節を通して変動の幅が少ないことにあります。

つまり、曇っていようが涼しかろうが紫外線は私たちの肌に牙を向いてくるので、日焼け止めは年中塗って対策をしなければならないのです。

紫外線はいつでもあなたの肌を狙っている

うっかり日焼けしてしまった人の多くは、「紫外線は眩しいもの、暑いもの→だから曇っている日は大丈夫」という思い込みがあるのではないかと僕は考えています。先ほども申し上げたとおり、紫外線は浴びても何も感じません。眩しいと感じるのは可視光線によるもので、暑いのは赤外線の影響です。

紫外線は、凄腕のスナイパーのようなものです。いつでもあなたの肌に狙いを定め、狙っていることを悟られることなく、私たちは打たれていることにも気づいていません。

実は部屋の中にいても紫外線の影響を受けていることをご存知でしょうか。A波は雲やガラスも透過する性質があるため、紫外線によるダメージを受けているのです。車の中、電車の中も同様です。

さらに日陰にいてもあなたは狙われています。紫外線は地表に向かって真っ直ぐ向かってくる「直射光」と、空中で拡散弾のように広がって地表に届く「散乱光」の2パターンがあります。そのため、直射光から守ることはできても、散乱光を浴びている可能性は十分にあるのです。

服にも思わぬ落とし穴があります。生地の薄いもの、縫い目の粗い洋服は避けましょう。隙間から紫外線が入り込んで、網焼きのようにムラになって影響を受ける場合もあるので注意が必要です。

レジャーなど長時間外に出る場合は、日焼け止めに加えて綿がしっかりと詰まったものや化学繊維の服を選ぶことでシャットアウトできます。

紫外線はさまざまな肌トラブルを引き起こし、取り返しがつかなくなってしまうケースも多く見られます。日中の外出の際は年中日焼け止めを塗る習慣を見に付けて、肌マネジメントを心がけましょう

記事が参考になったら、1日1ぽちっと押していただけると励みになります!