人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

薄毛と血行不良の関係性。美容観点で見る脱毛予防法

男性にとって頭皮トラブルは死活問題。

最近、急に抜け毛が増えてきた
髪の毛にハリがなくなってきた
髪の毛が細くなった気がする

など悩みを抱えている人は多いと思います。薄毛の原因はさまざまあります。男性ホルモンの影響や遺伝的要因も一つに挙げられることが多いですが、これらを自分で解決するのは不可能に近いでしょう。

そこで自分でできる一番の予防方法それは「血行の促進」です。

血行不良を起こすと、頭皮に栄養が行き渡らなくなり、抜け毛の原因になるといわれています。では、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

薄毛の原因は「ゴースト血管」にあり⁉︎

頭皮には非常に細い「毛細血管」が通っています。頭皮は毛細血管に流れる血液から栄養を補給し、毛母細胞が活性化することで健康な髪が作られます。質の悪い土壌で植物が育たないのと同じように、頭皮への栄養は欠かすことができません。

血行不良を起こすことで、頭皮に十分な血液が流れなくなります。栄養が届かなくなった頭皮の細胞は死滅し、毛は抜け落ちていきます。放っておくと、毛細血管に血が流れなくなり、血管が消えてしまう「ゴースト血管」になることがわかってきました。

血行不良と聞くと肩こりや腰痛、冷え性などのイメージがあり、すぐに対処しなくてもいいと思っている人がいるようですが、「予防」はいつ始めても遅いということはありません。手遅れにならないよう日常的に血行不良を起こさないことが大切です。

毛細血管は脆い!薄毛に悩む人がやりがちな習慣

とはいえ、予防もただやればいいというわけではありません。例えば血行促進の方法として手頃な頭皮マッサージ。やり方を間違えると逆効果になる場合もあります。

毛細血管は非常にデリケートなため、爪を立てたり、ブラシで力強く叩いたりすると傷つけてしまう原因にもなるので危険です。また、マッサージのやりすぎも指との摩擦で頭皮を傷める場合があるので注意します。

その他のNG習慣として挙げられるのは糖質の過剰摂取運動不足睡眠不足も血行不良を起こし、ゴースト血管を招く原因にもなるので避けましょう。

抜け毛を防ぐには血を巡らせること

抜け毛が起きる原因は、血行不良が起きる→毛細血管に血液が流れなくなる→細胞が死滅することで起きることがお分かりいただけたかと思います。

血行の促進は食事で促すこともできます。特に「サンザシ(山査子)」、「アーモンド」「青魚」には血液の流れを良くする効果が期待できます。

一日の終わりに湯船に浸かってじっくりと入浴するのもおすすめです。温度を少し温く感じる程度にし、肩までしっかり10〜15分浸かるだけでオッケーです。

10後年も健康な髪でいるためにも、常日頃から血の巡りを意識した生活を送りましょう。

ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

記事が参考になったら、1日1ぽちっと押していただけると嬉しいです。