人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

年齢を重ねると代謝が落ちて、痩せにくくなるもの。

「昔は食べすぎても太りにくかったのに……」と年齢を感じずにはいられない方は多いと思います。

代謝が落ちるということは、脂肪を燃やす力も衰えるため、運動をしても若い頃のような効果も出にくくなります。

「一体どうすれば……?」と悩んでいるあなた。簡単にぽっこりお腹を撃退したいなら「プチ断食」がおすすめです

プチ断食とは、1日の中で食事を摂らない時間を作り、体が本来持っている機能を取り戻すことを目的とした限定的な断食のこと。

推奨している医師もおり、関連書籍も数多く出版されています。

僕もかれこれ1年以上実践していますが、

  • 太りにくくなった
  • 睡眠の質の向上
  • 集中力の持続時間アップ・記憶力アップ

などのメリットを感じています。

今回はプチ断食で得られるメリットについてご紹介します。

プチ断食とは

プチ断食は、1日に摂る食事回数を減らし、意図的に空腹時間を作り出すことで、消化・吸収をおこなう臓器に休息時間を与えて、体のメンテナンスに時間を充てることを目的とした食事習慣です。

空腹時間を作ることで脂肪がエネルギーとして消費され、ダイエット効果があることでも知られています。

ダイエット意外にも体内の老化を抑制、交感神経の働きを抑制、ストレス緩和など体や脳にとっても嬉しいメリットがあるといわれている方法なのです。

プチ断食で痩せるメカニズム

プチ断食を行うことで、筋肉はそのままに脂肪を優先的に落とし、引き締まったモテボディになることができます。

なぜそんな夢みたいなことが可能なのか。それは「ケトン体」に秘密があります。プチ断食を行うと、体内でケトン体が発生します。ケトン体は空腹の時間を意図的に作ることで発生し、体についた脂肪をエネルギーに変える働きがあるのです。

そもそも人はなぜ、1日3食食べるのでしょうか。実は3食たべるようになったのは、明治時代以降と言われています。当時は、現代ほど食べ物が豊富ではなかったし、質もいいとは言えなかったでしょう。だから3食食べなければ、十分な栄養が補給できなかったのではないかと思います。

では、私たちが生きる現代ではどうでしょうか。外国文化などの影響や食べ物の品質向上によりたくさんの食べ物で満ち溢れ、栄養も豊富です。日本にいれば餓死することはほとんどないでしょう。

しかし、一方で、多くの現代人が生活習慣病や肥満といった健康に関する問題を抱えていることを考えると、私たちは栄養過多の傾向にあるともいえるのではないでしょうか。

プチ断食は意図的に食事回数を制限し、空腹時間を作りますから、1日に摂取するカロリー総量もおのずと減ります。適正な摂取カロリーを維持することで、ダイエット効果が得られるというわけです。

ダイエットだけじゃない。プチ断食のメリット

ダイエットのカギ「血糖値」の乱れを防止する

ダイエットにおいて、血糖値のコントロールは非常に重要です。以前はカロリーをカットさえすれば肥満は解消できると言われてきましたが、単純なカロリー制限だけ痩せることは難しく、血糖値をいかに一定に保つかがダイエット成功を左右します

プチ断食を行うと食事する回数が減るため、血糖値が一定に保たれ空腹感も抑制されます。

あなたはランチに唐揚げ定食・ご飯大盛りやラーメンライスを食べてはいませんか?早食いや過度な糖質を摂取すると、あなたの血糖値はジェットコースターのように急上昇します。すると体内で起こった異変に体は驚き、対応しきれなくなってしまうのです。これこそ肥満や体の不調を引き起こす原因。

プチ断食は空腹時間を設けることで、血糖値を一定に維持し、肥満になるリスクを軽減してくれるのです。

リバウンドしにくい体をつくる

ダイエット経験者なら、誰でも一度はリバウンドを経験したことがあるはずです。我慢の反動で食べすぎてしまったり、ストレスで太ったりと理由はさまざまあるでしょう。

しかし、プチ断食ならそんな心配も無用です。体内で作られたケトン体は満腹中枢を刺激し、空腹感を和らげてくれる働きがあります。つまり、「お腹が空いた」という感覚を満たしてくれるため、食べたい欲求がなくなるのです。

さらベータエンドルフィンという脳の快楽物質も分泌されるため、脳がリラックス状態になることもわかっています。ストレスが溜まりにくくなるため、いつもストレス太りをしてしまうという人にもおすすめの方法といえます。

食べたい欲求が抑えられ、我慢をしている感覚すらなくなるなんて、楽なダイエットだとは思いませんか?

睡眠時間の質が上がる

忙しいビジネスパーソンにとって、睡眠時間の確保は永遠の悩みでしょう。決められた時間の中でいかに質を上げられるかで翌日のパフォーマンスが左右されます。

年齢を重ねるとどうしても「寝たのに疲れがとれない……」と感じる場合が出てきます。その原因の一つに“自律神経の乱れ”が挙げられます。自律神経が乱れると、睡眠の質の低下や疲労回復にも大きく影響します

しかし、プチ断食ならそれらの悩みも解決することができます。プチ断食には交感神経の働きを抑制する効果があり、脳をリラックス状態にします。

よく眠れないという人の多くは帰宅後も無意識に仕事のことを考えたり、24時間活動状態の人が多いように感じます。よい睡眠はリラックス状態で眠ることにあるのに、そんな状態で質を担保するのは難しいでしょう。

僕もプチ断食をはじめてから、一番実感しているのが睡眠の質です。眠りにつくまで早く、目覚めもすっきりとしていますしばらく目覚ましも使っていません

睡眠の質が上がれば、日中のパフォーマンスが上がり、生産性もアップします。自由時間を確保することだってできるでしょう。あなたはその時間で何をしますか?

ダイエット効果はもちろん、体や脳にとってもたくさんのメリットがあるプチ断食。本当におすすめです。

記事が参考になったら、1日1ぽちっと押していただけると嬉しいです。