人気ブログランキング メンズ美容部門 第1位になりました!

メンズ美容家が教える!メンズスキンケアの基本は“易し”





今、男性の間でもスキンケアを積極的におこなう「美容男子」が増えており、男性コスメは日に日に注目が高まっています。

スキンケアで身だしなみを整えることで相手に清潔感を与え、ビジネスにもいい影響が生まれると研修で取り入れている企業もあるようです。一方で男性専門のスキンケアや美容が学べる場所はまだ多くないのが現状。美容初心者の多くはSNSなどで独学で勉強をしている人もいます。

ネットには多くの情報が出回っており、一見するととても便利にも感じられますが、誤った情報が多く出回っているのも事実。

スキンケアはやった分だけ結果が出るわけではありません。化粧品は化学物質の固まりですから、誤った方法を繰り返せば、逆効果になることもあります。

「一体何が正しいの?」と困惑した経験、誰にでもありますよね。そこでスキンケアで押さえておくべきポイントをご紹介します。

洗顔はどんなときでも“やさしく”

まずはスキンケアの基礎である洗顔のポイントをお教えいたしましょう。

洗顔は「泡で洗う」のが基本です。男性は女性に比べて皮脂が多いため、どうしても顔がテカりやすく、ベタつきやすいもの。夕方になると、顔に不快感を感じる男性も多いと思います。脂性肌の人は昼頃にはテカっている人もいるかもしれません。

ですが、汚れが気になるからといってゴシゴシ洗ってしまうのは厳禁です。なぜなら皮脂は立派な天然の保湿成分。肌の水分が蒸発するのを防いだり、紫外線などの外部刺激から身を守ってくれたりと美肌において欠かせないものなのです。

よく男性でも乾燥に悩む人が多くいますが、原因はほとんどが洗いすぎによるもの。特にドラッグストアで売られている男性向けの洗顔料は洗浄力が強く、肌本来に必要な保湿成分まで根こそぎ落としてしまうため、注意が必要です。

余分な力を抜き、泡を転がして洗うことをイメージします。特に毛穴が詰まりやすい鼻周りも摩擦を使わずに優しく洗います。圧をかけると毛穴に汚れを押しこむことになり、黒ずみの原因になるので避けてください。

力加減の目安は、洗顔時に皮膚が動いていないかどうかです。皮膚が少しでも引っ張られるような感覚があるなら、力が入っている証拠。肌の汚れは、洗顔料を肌に乗せただけでほとんど落ちるので力を入れる必要はありません。

洗顔料は“すばやく”落とす

洗顔に必要ないものがあるとしたら、何だかわかりますか。それは「時間」です。時間をかけて丁寧に洗えば肌がきれいになりそうにも感じますが、むしろ逆効果。

洗顔料には汚れを落とすための「界面活性剤」が含まれています。肌の上に長時間乗せてしまうと刺激になり、肌荒れの原因になることもあります。

洗顔料をつけたら軽く肌になじませて、20~30秒以内に洗い流すのが鉄則。汗や皮脂汚れは、顔に洗顔料のせて軽く広げるだけで十分に落ちます。

スキンケアを面倒に感じる人の多くは、手間がかかることがネックになっているかもしれませんが、むしろいかに手短に済ませるかが本当のスキンケアです。忙しいビジネスパーソンにとっては朗報なのではないでしょうか。

デキる男こそアイテムは“シンプル”に

洗顔後のスキンケアアイテムは1~2品だけでOK。例えば僕の場合、普段は化粧水しか使いません。乾燥が気になる冬場の時期は、水分と油分を両方補える「オールインワンタイプ」を使う程度です。

化粧水の後の「乳液でフタ」はスキンケアの常識だと思っている人が多く、「化粧水だけでは不安……」に感じる人もいるかもしれませんが、その必要はありません。肌には水分が逃げていないようにするシステムが元々備わっているからです。

保湿の“やりすぎ”も実は逆効果になります。肌の状態は人それぞれであり、「絶対」がないのが美容の面白いところ。自分にとって本当に必要なものを見極めてアイテム選びをしましょう。

ブログランキング参加中!1日1回押していただけると励みになります!